ページ本文

水の事故に気をつけましょう!

 水のレジャーが身近になる夏が近づいてきました!冷たい水につかると、本当に気持ちがいいものです。
 楽しいレジャーが目白押しである一方、不幸にして水による事故に遭われる方が多くなるのも事実です。安全で、楽しい夏を過ごすために、水の事故防止のポイントをご紹介します。
1
2

安全な水遊びのために気をつけたい10のポイント

1.子供だけで水辺で遊ばせないようにしましょう。 子供は時に予測ができない動きをしますので目を離さず、常に大人が同行することが大切です。

2.体調の悪い時や、お酒を飲んだ時は泳がないようにしましょう。

3.泳ぐ時は、準備体操をするとともに、定期的に休憩をとりましょう。

4.危険と思われる場所や、遊泳禁止区域では絶対に泳がないでください。

5.できるだけ一人では泳がないようにしましょう。

6.自分の力を過信せず、油断や不注意から事故に遭わないように注意しましょう。

7.必ずライフジャケットを着用しましょう。

8.万が一、溺れている人を見つけても安易に泳いで助けに行くのは危険です。 浮き輪・ ペットボトル・クーラーボックス等、身の回りの浮く物を投げ込みます。 泳がず救助するのが最も良い方法です。

9.事故が発生したら、一刻も早い119番通報を心がけましょう。

10.熱中症防止のためにも、こまめな水分補給もお忘れ無く。
平成29年度水難事故防止ポスター

平成29年度水難事故防止ポスター

着衣泳講習会を実施しています

 横手市消防本部では水辺での安全について理解を深める、事故に遭ってしまった場合の対処法などを知ることを目的として「着衣泳講習会」を実施しています。
 着衣泳の目的は服を着たまま泳ぐことではありません。不意に水に落ちてしまった時、すぐに背浮きの姿勢に移り、呼吸を確保することで、救助の手が差し伸べられるまで「浮いて待つ」ことを目的にしています。
    プールでの実技講習がメインですが、講話等も開催可能です。詳しいことは消防本部警防課までお問い合わせください。
着衣泳講習会

着衣泳講習会

火の取り扱いにも注意しましょう

 水の事故以外にもこの時期は納涼祭、花火、BBQなど、何かと火を扱う機会が多くなります。火の取扱にも注意して、安全で楽しい夏をお過ごしください。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

消防本部警防課警防担当
所在地:〒013-8601 秋田県横手市条里一丁目1番1号   
電話番号:0182-32-1246 ファックス:0182-33-1300
メールアドレス:shoubou-keibou@city.yokote.lg.jp

代表電話