119番通報等における多言語通訳サービスを運用しています

ページ番号1004756  更新日 2021年10月11日

印刷大きな文字で印刷

横手市消防本部では、日本語を話せない外国人からの119番通報に対応するため、通報者、通信指令員、通訳オペレータを三者間接続する「多言語通訳サービス」を運用しています。
本サービスは、365日24時間20言語で対応しており、当市を訪れる外国人の皆様の安全安心に繋がるよう緊急通報を円滑にサポートします。

  • 対応時間
     365日:24時間体制
  • 対応言語:20言語
    英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、ベトナム語、タガログ語、インドネシア語、ネパール語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語、マレー語、ミャンマー語、クメール語、モンゴル語、シンハラ語、ヒンディー語
  • 多言語による通報要領パンフレット

通報時の対応

通信指令員、通報者、通訳者が電話を介して三者通話することで、正確な情報を得ることができるため、指令までの時間短縮や今までできなかった応急手当の口頭指導が可能になります。

図:119番通報三者通話による電話通訳

火災・救急現場での対応

火災・救急現場等で活動を行う隊員と傷病者が、携帯電話を使用して交互に通訳者と三者通話することで、傷病者の詳しい情報を得ることができ、病院との情報共有や適切な処置が可能となります。

図:救急現場での三者通話による電話通訳

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

消防本部通信指令室通信指令係
〒013-0060 秋田県横手市条里一丁目1番1号(条里北庁舎)
電話:0182-32-1112 ファクス:0182-32-1146
お問い合わせフォームは専用フォームをご利用ください。