横手市消防本部業務継続計画(BCP)を策定しました

ページ番号1004827  更新日 2021年10月13日

印刷大きな文字で印刷

地震等による大規模災害が発生した際、市や消防本部は災害応急対策や災害からの復旧・復興対策の主体として重要な役割を担うこととなります。一方で、災害時でも継続して行わなければならない通常業務もあります。自らが被災し、庁舎や電気・通信機器の使用不能など非常事態であっても、優先的に実施するべき業務を的確に行えるよう業務継続性を確保することは極めて重要です。
このようなことから、大規模災害時においても継続する必要のある業務(非常時優先業務)を特定し業務を執行するための体制(指揮命令系統の明確化、業務対応手順等)や執務環境の確保(業務継続に必要な資源の確保等)についての取り組みを定めた「横手市消防本部業務継続計画(BCP)」を策定しております。災害時にも市民の皆様が安心して暮らせるよう努めてまいりますのでよろしくお願いいたします。

※BCPとはBusiness Continuity Planの頭文字をとったものです

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

消防本部総務課総務係
〒013-0060 秋田県横手市条里一丁目1番1号(条里北庁舎)
電話:0182-32-1111 ファクス:0182-33-1300
お問い合わせフォームは専用フォームをご利用ください。