ページ本文

マイナンバー通知カードの廃止について

 マイナンバー通知カードは、令和2年5月25日に廃止されます。廃止後は、通知カードの取り扱いが変わりますのでご注意ください。
 なお、廃止後もマイナンバーに変更はありません。

マイナンバー通知カードとは

 通知カードとは、平成27年10月5日に日本に住民票をおいているすべての方に付番された12桁の個人番号(マイナンバー)をお知らせする紙製のカードです。
 平成27年10月以降、住民票を有する全ての住民に対し、簡易書留によって郵送されています。
通知カードみほん(おもて面)

通知カードみほん(おもて面)

通知カードみほん(うら面)

通知カードみほん(うら面)

廃止後の取り扱い

 廃止後は、マイナンバー通知カードに関する以下の手続きができなくなります。

1.氏名・住所などの記載事項の変更手続き

 お引越しや婚姻などで氏名・住所などに変更があった場合も、令和2年5月23日以降の届出に関しては記載事項の変更の手続きができません。住所や氏名等に変更がある方は、必要に応じて令和2年5月22日までに国保市民課またはお住いの地域局市民サービス課にて手続きをしてください。
 現在お持ちのマイナンバー通知カードは、住民票に記載されている氏名・住所などの記載事項と全て一致している場合のみ、ご自身のマイナンバーを証明する書類として使用することができます。


2.通知カードの再交付申請

 廃止後は、通知カードの再交付の手続きはできなくなります。通知カードが必要な方は、令和2年5月22日までに国保市民課またはお住いの地域局市民サービス課にて手続きをしてください。



通知カード廃止後のマイナンバーの確認方法(通知カードもマイナンバーカードもお持ちでない場合)

1.顔写真付きマイナンバーカードの申請
 申請から取得まで約1か月ほどかかります。
 カードの申請補助サービスも実施中ですのでご利用ください。
 ☆申請補助サービス(写真も撮影します)を行っております。是非ご利用ください!

2.マイナンバー入り住民票または住民票記載事項証明書
 本人確認書類を持参のうえ、本庁舎国保市民課または地域局市民サービス課にて取得してください。

3.マイナンバー通知カード
 記載内容が住民票と同一の場合に限ります。

通知カード廃止後のマイナンバーの通知方法

 通知カード廃止後は、「個人番号通知書」を送付しマイナンバーの通知をいたします。
 「個人番号通知書」とは、出生等により住民票に記載され、新たにマイナンバーが付番された方へマイナンバーを通知するものです。

 ※「個人番号通知書」は、マイナンバーを証明する書類として使用できません。
 ※「個人番号通知書」は、住所や氏名の記載変更手続きや紛失等した場合の再交付の手続きはできません。
個人番号通知書

個人番号通知書

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民福祉部国保市民課(戸籍・住民記録係)
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号   
電話番号:0182-35-2176 ファックス:0182-32-7721
メールアドレス:kokuhoshimin@city.yokote.lg.jp

代表電話