国民年金(よくある質問) よくある質問

ページID1002210  更新日 2021年9月28日

印刷大きな文字で印刷

質問付加保険料とは、どのようなものですか。

回答

付加保険料は将来、より多くの年金を受け取りたいという方が、国民年金の保険料に上乗せして支払う保険料です。

令和3年度の国民年金保険料は16,610円、付加保険料は400円です。

付加年金額(年額)

200円×付加保険料納付月数で計算されます。

付加保険料を納めることができるのは、農業、自営業などの国民年金の第1号被保険者および任意加入被保険者(65歳以上の方を除く)に限られます。
なお、付加保険料を納めることを希望される場合は、国保市民課または各地域局市民サービス課へ申出ください。
※国民年金保険料の免除を受けている方や、国民年金基金の加入者は納めることができません。

このページに関するお問い合わせ

市民福祉部国保市民課後期高齢者医療係
〒 013-8601 秋田県横手市中央町8番2号(本庁舎1階)
電話:0182-35-2186 ファクス:0182-33-7838
お問い合わせフォームは専用フォームをご利用ください。