(冬)たいまつ焼き

ページ番号1005098  更新日 2021年9月28日

印刷大きな文字で印刷

写真:たいまつ焼き
たいまつ焼きの様子

江戸時代から300年以上続いている小正月行事で、五穀豊穣と無病息災を祈るもので、上醍醐の太刀金地区(現在の醍醐小学校近辺)には刀鍛冶が、金矢地区(現在の金屋地区)には弓職人がおり、同じ火の神様を奉り参拝しあったのが始まりと言われています。
それぞれ田んぼの中に5本のたいまつをお互いが向き合うように建てられ燃やします。この行事はいわゆる「どんど焼き」とは異なるもので、お札や門松などは燃やしません。
また男性だけが参加でき、女性はたいまつは勿論、造るわらに触れることも、焼き場に行くこともできません。
各家々では、男性の人数だけたいまつを作り、また、締める縄の数は奇数とされています。

たいまつ焼きの基本情報

期間 毎年1月15日 午後6時頃~
場所 秋田県横手市平鹿町上醍醐地区および金屋地区
交通 秋田自動車道横手ICから車で15分
料金 無料
問合せ先 横手市役所平鹿地域課産業建設係
電話0182-24-1118

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育総務部文化財保護課文化財保護係
〒013-8601 秋田県横手市条里一丁目1番64号(条里南庁舎)
電話:0182-32-2403 ファクス: 0182-32-4655
お問い合わせフォームは専用フォームをご利用ください。