(秋)金沢ささら舞

ページ番号1005096  更新日 2021年9月28日

印刷大きな文字で印刷

写真:金沢ささら舞

金沢町内を回って行われる金沢ささら舞は、狂言とともに江戸時代に金沢で創作されたもので、17名の編成で独自の狂言を加え単調な「ささら」に変化と興味を添えた神舞です。
毎年9月15日、金澤八幡宮祭典日に奉納され金沢全域を廻ります。秋田藩主佐竹氏遷封の折にこの地に伝わった「茂木ささら」を源流とし、その本質をよく留めていると評価されています。 

金沢ささら舞の基本情報

開催日 毎年9月15日
場所 秋田県横手市金沢地区を巡回
交通 秋田自動車道横手ICから車で約20分
横手北IC(ETC専用)から車で20分
料金 無料
問合せ先 横手市教育委員会文化財保護課
電話 0182-32-2403
備考 横手市指定文化財(無形民俗)

このページに関するお問い合わせ

教育委員会教育総務部文化財保護課文化財保護係
〒013-8601 秋田県横手市条里一丁目1番64号(条里南庁舎)
電話:0182-32-2403 ファクス: 0182-32-4655
お問い合わせフォームは専用フォームをご利用ください。