【稲作農家の皆さんへ】「あきたこまち」は、令和7年から「あきたこまちR」へ切り替わります

ページID1008190  更新日 2023年9月27日

印刷大きな文字で印刷

米のカドミウム基準値は、国内より海外のほうが厳しく設定されている現状であることから、国内基準が見直されても対応できるようにする必要があります。

このため秋田県では、どこよりも早く安全な米を安定的に供給するため、現行の「あきたこまち」からカドミウム低吸収性品種である「あきたこまちR」への、令和7年の全面切り替えに向けて取り組んでいます。

 

「あきたこまちR」の概要は、添付のリーフレットをご確認ください。

 

詳しくは、下記リンク先の秋田県ホームページをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

農林部農業振興課農業政策係
〒013-8502 秋田県横手市旭川一丁目3番41号(秋田県平鹿地域振興局3階)
電話:0182-32-2112 ファクス:0182-32-4037
お問い合わせフォームは専用フォームをご利用ください。