大雄地域では生ごみ分別収集を行っています

ページ番号1002792  更新日 2021年9月28日

印刷大きな文字で印刷

大雄地域では、家庭の生ごみを堆肥センターへ運搬し、堆肥を作っています。有機資源を農地に還元することにより、健全な土づくりと安全・安心な農産物の生産基盤の確立を図っています。
なお、生ごみの分別収集にご協力していただくために、大雄地域の皆さんには、生ごみ袋を無料で配布しています。

生ごみ袋は大雄地域局で取扱いします

生ごみ袋は「大雄地域局」で配布しています。
お手数ですが、大雄庁舎内の大雄市民サービス課までおいでください。
土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始も配布できます。

写真:生ごみ袋
生ごみ袋

2袋まで配布可能です

生ごみと袋を一緒に処理するため、生ごみ袋は破れやすく劣化しやすい素材でできています。長期間保存することはできませんので、1回に配布する袋は2袋までとさせていただきます。
生ごみ袋は、大きいサイズ(20リットル・20枚入り)と小さいサイズ(15リットル・20枚入り)があります。

ごみ出しでお願いしたいこと

  1. 生ごみを出すときは水切りをよくしてください
  2. 決められた収集日の時間内にごみ集積所へ出してください

コンポスト容器等補助制度

このページに関するお問い合わせ

大雄地域局大雄市民サービス課市民生活係
〒 013-0461 秋田県横手市大雄字三村東18番地 大雄庁舎
電話:0182-52-3905 ファクス:0182-52-3925
お問い合わせフォームは専用フォームをご利用ください。