公営企業に係る「経営比較分析表」の公表

ページ番号1004754  更新日 2021年9月28日

印刷大きな文字で印刷

公営企業をめぐる経営環境は、施設等の老朽化に伴う更新投資の増大や人口減少等に伴う料金収入の減少など、厳しさを増しています。

このため、経営および施設の状況を表す経営指標を活用し、経営の現状や課題等を的確に把握し、今後の見通しや課題へ対応すること等が求められています。

公営観光施設事業において「経営比較分析表(令和元年度)」を作成しましたので、下記のとおり公表します。

令和元年度 公営観光施設事業(公営温泉施設)の経営比較分析表

平成30年度 公営観光施設事業(公営温泉施設)の経営比較分析表

※交流センター「雄川荘」「えがおの丘」「大森健康温泉」の3施設は、平成30年4月1日付で民間譲渡いたしました。

平成29年度 公営観光施設事業(公営温泉施設)の経営比較分析表

平成28年度 公営観光施設事業(公営温泉施設)の経営比較分析表

このページに関するお問い合わせ

商工観光部商工労働課工業振興係
〒013-8502 秋田県横手市旭川一丁目3番41号(秋田県平鹿地域振興局1階)
電話: 0182-32-2115 ファクス:0182-32-4021
お問い合わせフォームは専用フォームをご利用ください。