令和2年7月1日からレジ袋有料化がスタートしました

ページ番号1002948  更新日 2021年9月28日

印刷大きな文字で印刷

レジ袋削減にご協力ください あたり前を見直そう

プラスチックは、非常に便利な素材で、成形しやすく、軽くて丈夫で密閉性も高いため、製品の軽量化など、さまざまな分野で私たちの生活に貢献しています。
一方で、廃棄物の増加、海洋プラスチックごみにつながる不法投棄、プラスチックを燃焼することによる地球温暖化などの課題もあります。

私たちは、プラスチックの過剰な使用を抑制し、賢く利用していく必要があります。
このような状況も踏まえ、令和2年7月1日より、全国でプラスチック製買い物袋、いわゆるレジ袋の有料化が始まりました。

これは、普段何気なくもらっているレジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考えていただき、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的としています。
みなさんも、レジ袋有料化をきっかけに自身のライフスタイルを見つめ直し、エコバッグを持ち歩くなど、できるところからプラスチックを賢く使う工夫をしてみましょう。

イラスト:レジ袋有料化

レジ袋有料化に関するお問い合わせ先

プラスチック製買い物袋の有料化に関する相談窓口
(受付時間 月曜日~金曜日 午前9時~午後6時15分)

消費者向け 電話:0570-080-180
事業者向け 電話:0570-000-930

ポスター:エコバッグを使おう

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民福祉部生活環境課廃棄物対策係
〒 013-8601 秋田県横手市中央町8番2号(本庁舎1階)
電話:0182-35-2184 ファクス:0182-33-7838
お問い合わせフォームは専用フォームをご利用ください。