横手市自殺対策計画を策定しました

ページ番号1003182  更新日 2021年9月28日

印刷大きな文字で印刷

計画策定の趣旨等

自殺は、健康問題、経済・生活問題、職場や学校等での悩みなど、さまざまな要因が連鎖する中で起きています。横手市では、2007年度から「健康よこて21」計画の中で心の健康・自殺予防を健康づくりの重要分野に定め、庁内関係部署からなる自殺対策庁内連絡会議の設置、自殺予防の啓発、自殺対策を担う人材の育成等に取り組んできました。

このたび、平成28年4月に改正された自殺対策基本法において、すべての自治体に自殺対策計画の策定が義務付けられたことから、自殺対策を全庁的、総合的かつ効果的に推進するため「横手市自殺対策計画 一人ひとりの気づきと見守りで大切ないのちを未来につなげましょう」を策定しました。

計画の期間

期間は2019年度から2024年度の6年間とし、年度単位の評価を実施します。

計画の数値目標

自殺死亡率(人口10万人当たりの自殺者数)を2015年の29.2から、2025年には19.6とし、32.9パーセントの減少を目指します。

計画の内容

計画の内容は以下のとおりです。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民福祉部健康推進課健康づくり係
〒013-0044 秋田県横手市横山町1-1
電話:0182-33-9600 ファクス:0182-33-9601
お問い合わせフォームは専用フォームをご利用ください。