高齢者用肺炎球菌ワクチンの定期予防接種を受けましょう

ページ番号1003155  更新日 2022年4月1日

印刷大きな文字で印刷

肺炎は、日本人の死因の第3位であり、死亡者の95%以上が、65歳以上です。肺炎で一番多い病原菌は肺炎球菌です。肺炎球菌ワクチンを接種しておくと、肺炎の予防や肺炎にかかっても軽い症状ですむ効果が期待されます。
平成26年10月1日から高齢者用肺炎球菌ワクチンが定期予防接種ワクチンに指定されました。
毎年4月下旬ころに、接種の対象となる方に個人通知しております。ぜひこの機会に予防接種を受けましょう。

対象者

横手市に住所を有し、下記のいずれかに該当する方。

  • 今年度、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方。(過去に同じ型の高齢者肺炎球菌ワクチンを接種されたことのある方は定期接種の対象となりません。)
  • 60~64歳の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害や、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方。

実施期間

令和4年4月1日から令和5年3月31日まで

接種費用

ワクチンの接種料金のうち、3,000円が市から助成されます。
ワクチンの接種料金は医療機関によって異なりますので、個別にお問い合わせ願います。

医療機関

画像:問い合わせ先

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民福祉部健康推進課健康づくり係
〒013-0044 秋田県横手市横山町1-1
電話:0182-33-9600 ファクス:0182-33-9601
お問い合わせフォームは専用フォームをご利用ください。