償却資産の申告

ページID1002781  更新日 2021年10月1日

印刷大きな文字で印刷

償却資産の申告をお忘れなく

農業・商店などの経営、駐車場・貸家の賃貸など事業に用いる構築物・機械・備品などを償却資産といい、土地や家屋と同じように固定資産税が課税されます。
(固定資産税における償却資産についての詳細は下記のページを参照ください。)

償却資産の所有者は、毎年、市に申告が必要です。昨年度、償却資産の申告があった方には、12月上旬に申告書を郵送しています。12月上旬にお送りした申告書で申告をしてください。
また農家の方は、市報12月1日号と一緒に配布する『農業用償却資産申告書』で申告をしてください。
新しく事業を始めた方や、前年中に償却資産がなくなった方も申告が必要です。

※平成28年度申告分からマイナンバー制度が導入され、個人番号および法人番号の記載も義務付けられております。

  • 対象者:毎年1月1日現在の償却資産をお持ちの方
  • 申告対象:土地および家屋以外の有形固定資産で、所得税法または法人税法の所得計算上、減価償却の対象にできる資産
  • 評価額の算出方法:取得時期、取得価格、耐用年数や経過年数から評価額(価格)を算出します。
  • 免税点:課税標準額の合計額が150万円未満の場合は課税されません。
  • 提出期限:毎年1月31日(1月31日が土曜日、日曜日、祝日にあたる場合は次の営業日)
  • 提出時の注意:個人事業者や農家の方は以下のものをご持参ください。
    A:マイナンバカード(顔写真付き)をお持ちの方
    マイナンバーカード
    B:マイナンバカード(顔写真付き)をお持ちでない方
    マイナンバーが確認できる書類(マイナンバー付きの住民票など)
    身分証(住所・氏名・生年月日を確認できる運転免許証など)
    ※マイナンバー通知カードは令和2年5月25日に廃止されました。
    ただし、通知カードに記載されている氏名、住所などが住民票の内容と一致している場合は、マイナンバーが確認できる書類として使用できます。
  • 提出先:財務部税務課資産税係、または各地域局市民サービス課市民生活係

償却資産申告書、農業用償却資産申告書は下記のページからダウンロードできます。

マイナンバー通知カードの廃止についての詳細は下記のページを参照ください。

このページに関するお問い合わせ

財務部税務課資産税係
〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号(本庁舎2階)
電話:0182-32-2767 ファクス:0182-32-2611
お問い合わせフォームは専用フォームをご利用ください。