福祉医療 よくある質問

ページ番号1002256  更新日 2021年9月28日

印刷大きな文字で印刷

質問福祉医療費受給者証の交付申請に必要な「所得等に関する証明書類」は「源泉徴収票」でもいいですか。

回答

「源泉徴収票」は「所得等に関する証明書類」としてお取扱いできません。

福祉医療の区分判定に必要な住民税の課税の有無が記入されていないことや、2箇所以上から給与支払いを受けている場合があることなどから、「所得等に関する証明書類」としてはお取扱いできません。 なお、「住民税決定通知書」も「所得等に関する証明書類」としてお取り扱いできません。 所得額、控除額、住民税課税額および扶養人数の明記された「課税所得証明書」等をご準備ください。

このページに関するお問い合わせ

市民福祉部国保市民課後期高齢者医療係
〒 013-8601 秋田県横手市中央町8番2号(本庁舎1階)
電話:0182-35-2186 ファクス:0182-33-7838
お問い合わせフォームは専用フォームをご利用ください。