空き家に関する計画・条例

ページID1002964  更新日 2022年4月1日

印刷大きな文字で印刷

令和3年3月末現在、当市には1,700棟を超える空き家があり、その数は今後も増え続けることが予想されます。 空き家を起因とするさまざまな問題も増加傾向にありますが、空き家は所有者の私有財産であり、所有者や管理者が適切に管理する責任を負うべきものです。
市では「横手市空家等対策計画」や「横手市空家等の適切な管理に関する条例」に基づき、市民や地域等の安全・安心の確保のため、管理が行き届いていない空き家の所有者等に対し、責任を持って管理するよう促しながら、課題解決に向けた空家等対策を進めてまいります。

横手市空家等対策計画

平成28年4月当市では「横手市空家等対策計画」を策定し、市民や地域等の安全・安心の確保のため、管理が行き届いていない空き家の所有者等に対し、責任を持って管理するよう促しながら、課題解決に向けた空家等対策を進めてまいりました。
令和3年3月末をもって当該計画の計画期間が終期を迎えますが、引き続き空家等対策を行うべく、令和3年4月以降の対策の指針を定める「第2期横手市空家等対策計画」を策定しました。

横手市空家等の適切な管理に関する条例・施行規則

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民福祉部生活環境課くらしの相談係
〒 013-8601 秋田県横手市中央町8番2号(本庁舎1階)
電話:0182-35-4099 ファクス:0182-33-7838
お問い合わせフォームは専用フォームをご利用ください。