ページ本文

横手北スマートインターチェンジの整備

 横手市ではNEXCO東日本とともにスマートインターチェンジの整備を進めています。平成26年度から測量・設計に着手し、関係者の皆様のご協力により、平成27年度には本体用地の取得を完了しました。
 平成31年までの完成を目指し、NEXCO東日本ではインターチェンジ本体に関連する工事を、横手市では県道への交差点新設工事・周辺市道の整備・駐車場の設置等を行っていきます。

スマートインターチェンジとは

・  スマートICは、ETC専用のインターチェンジです。
・  利用者がETCを搭載した車両に限定されるため、施設が簡略化でき、料金徴収員が不要 に
  なります。

 平成29年5月25日には「横手北スマートインターチェンジ」が正式名称となり、6月10日に着工式をとり行いました。
オープニングセレモニー
市長あいさつ
鍬入れ

整備位置

 横手市猪岡字水越 地内
 横手ICから6.5km、大曲ICから14.4km地点
 主要地方道横手大森大内線から市道横手北スマートインター線を介して接続

供用開始時期

  平成31年3月(予定)

運用形態

  24時間

対象車種

  一旦停止型・フルインター(上下線とも乗降り可能)

整備効果

・高速道路の利便性向上

 横手北スマートICの設置により、大森地区や大雄地区等、横手市北西部からのアクセスが向上し、通勤、通学、レジャーなど地域住民の広域活動の活性化が期待されます。

・地域活性化の支援

 横手北スマートICの近傍に立地する農業関係施設や流通拠点(横手卸センター) へのアクセス時間が短縮し、産業の活性化が期待されます。

・救急医療の支援

 大仙市から県南部で唯一の地域救命救急センターである「平鹿総合病院」への救急搬送 時間が短縮し、救命率向上が期待されます。

・災害支援の円滑化

 災害応援自治体から横手市内の洪水避難場所への迅速な救援活動が可能となり、地域住民の安全、安心に大きな効果が期待されます。

横手北スマートICの計画概要

設置までの経緯

設置までの経緯

お知らせ

 横手北スマートインターチェンジ工事のため市道 沼下・中野本線のうち秋田自動車道と交差する箇所を、H30.1.9(火)~4.5(木)まで通行止めとしておりましたが、期間をH30.1.9(火)~4.21(土)まで延長させていただきます。
迂回路として市道 中猪岡・中野線をご利用くださいますようお願いいたします。
 近隣住民の方々、通行者の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解・ご協力をお願い申し上げます。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

建設部都市計画課
所在地:〒013-8502 秋田県横手市旭川一丁目3番41号   
電話番号:0182-32-2408 ファックス:0182-32-4024
メールアドレス:toshikeikaku@city.yokote.lg.jp

代表電話