ページ本文

大雄地域では生ごみ分別収集を行っています

 大雄地域では、横手市バイオマスタウン構想、堆肥センターモデル事業の観点から、お住まいの皆さんのご協力により、生ごみと燃えるごみとを分けて収集を行っています。
 生ごみは堆肥センターへ運ばれ、堆肥を製造しています。
 ご協力くださっている大雄地域の皆さんには、生ごみ袋を無料で配布しています。

生ごみ袋は大雄地域局で取扱いします

 生ごみ袋は「大雄地域局」で配布します。
 お手数ですが、大雄庁舎内の大雄市民サービス課までおいでください。
 土、日、祝祭日、年末年始も配布できます。
生ごみ袋

生ごみ袋

2袋まで配布可能です

 生ごみと袋を一緒に処理するため、生ごみ袋は破れやすく劣化しやすい素材で出来ています。長期間保存することは出来ませんので、1回に配布する袋は2袋までとさせていただきます。
 生ごみ袋は、大きいサイズ(20リットル・20枚入り)と小さいサイズ(15リットル・20枚入り)があります。

ごみ出しでお願いしたいこと

(1)生ごみを出すときは水切りをよくしてください
(2)決められた収集日の時間内にごみ集積所へ出してください

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

大雄地域局大雄市民サービス課(保健福祉係)
所在地:〒013-0461 秋田県横手市大雄字三村東18番地   
電話番号:0182-52-3905 ファックス:0182-52-3925
メールアドレス:taiyu-shiminfukushi@city.yokote.lg.jp

代表電話