ページ本文

平成22年度

  • Vol.58WEB&グラフィックデザイナー 田畑晃子さん(市報よこて2010年9月1日号掲載)

    Vol.58WEB&グラフィックデザイナー 田畑晃子さん(市報よこて2010年9月1日号掲載)

    猛々しい屋形舟のぶつかり合いと、幻想的な灯籠流し、そして華やかな花火を見事に配置した今年の『送り盆まつり』のポスター。「斬新さ」と「祭りの雰囲気を伝える」というテーマを課したデザインコンペに、この祭りの持つ“躍動感”と“幽美さ”を高いレベルで調和させた作品で応じ、審査員から絶大な支持を得た。そこには“先人の御霊を弔う”という人々の想いに対する、表現者としての畏敬の念がこめられている…
  • Vol.57菓子職人 加賀屋 厚さん(市報よこて2010年8月1日号掲載)

    Vol.57菓子職人 加賀屋 厚さん(市報よこて2010年8月1日号掲載)

    芸術作品としての要素が大きく、味だけでなく見た目も重要とされる和菓子。夏の暑さを和らげる、涼しげな水まんじゅうやわらび餅がショーケースに並ぶ『confectionery かしの木』。店内には“お菓子屋さん”独得の甘い香りが漂い、訪れた人を幸せな気持ちにしてくれる…
  • Vol.56鯉の養殖 首藤俊行さん(市報よこて2010年7月1日号掲載)

    Vol.56鯉の養殖 首藤俊行さん(市報よこて2010年7月1日号掲載)

    日本で作られた観賞魚・錦鯉。国際語で『Koi』として通じるほどの人気を誇り、世界中に愛好家が多い。“泳ぐ宝石”の異名は、赤・白・黒・黄を主とした、同じ模様が2尾とない個性豊かな姿からつけられたという。ここに、その美しさに魅了された巧がいる…
  • Vol.55菅笠作り 石川ヒサさん(市報よこて2010年6月1日号掲載)

    Vol.55菅笠作り 石川ヒサさん(市報よこて2010年6月1日号掲載)

    まだ手で田植えを行っていた頃。この時期の水田には、田植えを行う大人や子どもの姿があり、同じ数だけきれいに並ぶつの笠や大野笠があった。農作業に欠かせない“菅笠”の生産地として、十文字町仁井田地区は古くから『菅笠の里』と呼ばれている。ここに、その伝統を受け継ぐ巧がいる…
  • Vol.54造園工 佐々木政義さん(市報よこて2010年5月1日号掲載)

    Vol.54造園工 佐々木政義さん(市報よこて2010年5月1日号掲載)

    “ものづくり”とは、ただ単に目的のものを作ることではない。依頼した相手の思いに気を配り、心から一所懸命に取り組むことで相手の満足のいく仕事をして、はじめて“ものづくり”になる。そんな信念のもと、庭造りに心血を注ぐ巧がいる…
  • Vol.53中華そば店 小野寺タケさん(市報よこて2010年4月1日号掲載)

    Vol.53中華そば店 小野寺タケさん(市報よこて2010年4月1日号掲載)

    あっさりスープとちぢれ麺が特徴の中華そば。現在“十文字の中華そば”は、その名を全国にとどろかせている。老舗中華そば専門店『丸竹食堂』の店内に入ると、独特の魚介ダシの匂いが鼻をくすぐり、食欲をそそる。威勢の良い「いらっしゃい」の声からは想像もつかない小柄な巧が奥の厨房で今日も腕を振るっている…

このページに関するお問い合わせ先

総務企画部秘書広報課(広報係)
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 アクセス
電話番号:0182-35-2162 ファックス:0182-35-2221
メールアドレス:koho@city.yokote.lg.jp

代表電話