ページ本文

平成23年度

  • Vol.72いぶりがっこ作り 高橋麗子さん(市報よこて2011年12月1日号掲載)

    Vol.72いぶりがっこ作り 高橋麗子さん(市報よこて2011年12月1日号掲載)

    山深い山内・三又地区。ここで生まれ育った巧にとって『いぶりがっこ』作りは、幼い頃から日常生活の一部だった。晩秋から霙や雪の日が多く、収穫した大根を天日や風で乾かすのが難しかったことが、囲炉裏の上に吊す乾燥方法に結びついたとも言われ、かつては居間の囲炉裏に大根が吊られていた…
  • Vol.71 大工 菅原寛さん(市報よこて2011年11月1日号掲載)

    Vol.71 大工 菅原寛さん(市報よこて2011年11月1日号掲載)

    横手市内にも数多存在する社寺や堂宮。伝統的な技法や装飾が施されたこれらの建造物は、歴史と文化を伝える貴重な文化資源であり、その復元や修復には高い技術と知識が求められる。平鹿地域内にある多くの有形文化財や社寺の修復、建築を手掛けてきた巧は、まさにその第一人者といえる…
  • Vol.69 絵手紙作家 冨樫しげるさん(市報よこて2011年9月1日号掲載)

    Vol.69 絵手紙作家 冨樫しげるさん(市報よこて2011年9月1日号掲載)

    「来場の記念に似顔絵はいかがですか」―そんな呼びかけに足を止め、向かいのイスに座ると、屈託のない笑顔で「どちらからいらしたんですか」と会話が始まる。はじめは緊張気味の子どもたちも、会話を交わすうちにはにかんだり、吹き出したり自然と笑みがこぼれる。“絵師”の仕事は、この笑顔を引き出すところからすでに始まっている…
  • Vol.68 機械修理工 稲葉健さん(市報よこて2011年7月1日号掲載)

    Vol.68 機械修理工 稲葉健さん(市報よこて2011年7月1日号掲載)

    鋭い視線の先に並ぶ数多くの計器類。そのひとつひとつが、広大な自動車部品工場に電気や動力を送る心臓部へとつながっている。市内屈指の規模を誇る工場の動力部門を掌握するのが、昨年、機械修理工として『現代の名工』に選ばれた今回の巧だ…
  • Vol.67ワラ工品 伊藤昭五さん(市報よこて2011年6月1日号掲載)

    Vol.67ワラ工品 伊藤昭五さん(市報よこて2011年6月1日号掲載)

    かつて、雨中の農作業に欠かせない作業衣であったケラや雪道を歩くときの必需品であるサンペイなど、ワラやスゲで手作りされていた雨具や履き物。戦後、化学製品の発達と普及に伴い、需要とともにこれらを作る技術を持つ人が急激に減る一方、郷愁を誘う民芸品や工芸品として、手作りの温もりが注目されるようにもなった…
  • Vol.66 サックス奏者 Chihoさん(市報よこて2011年5月1日号掲載)

    Vol.66 サックス奏者 Chihoさん(市報よこて2011年5月1日号掲載)

    東北や秋田の風土と、そこに息づく文化や人々の暮らしぶりにこだわり、その熱い思いを音楽で表現する活動を続けるバンド『BRONZE』。その中に、この度の東日本大震災での被害と犠牲に心を痛め、被災した方々に笑顔と元気を取り戻す手助けをしたいと願う一人のサックス奏者がいる…

このページに関するお問い合わせ先

総務企画部秘書広報課(広報係)
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 アクセス
電話番号:0182-35-2162 ファックス:0182-35-2221
メールアドレス:koho@city.yokote.lg.jp

代表電話