ページ本文

横手市内のスキー場・プールに関する意見交換会

横手市内のスキー場とプールの現状と今後の在り方について
市民の皆さまと意見交換会を開催しました。

日時

平成31年2月8日(金)午後6時30分~
平成31年2月9日(土)午後2時~
※両日とも内容は同じです。

場所

あさくら館(横手市朝倉町6-38)

横手市内のスキー場の現状

◎横手公園スキー場
市の公共施設の存続または廃止などを定めた「横手市財産経営推進計画(FM計画)」では、横手公園スキー場は、施設が古く安全性が保てなくなってきたことと、利用する方が減り、リフト使用料などの入ってくるお金以上のメンテナンス料がかかるため、廃止を予定していました。
こうした中、おととし夏の集中豪雨で、横手公園スキー場は土砂崩れによりゲレンデとリフトが被災し、営業を休止しています。
市では、復旧し再開することを含めた調査と話し合いを進めましたが、復旧するためのお金は最大で約2億円を想定し、直すのに数年もの年月が必要であることが分かりました。

◎赤坂総合公園特設コース(横手)
市で運営している唯一のクロスカントリースキーコースです。
平成30年度から、子供たちを中心に雪と触れ合える機会を増やすことを目的に、ソリ遊びなどができるスノーパークを赤坂総合公園内に設置します。

◎天下森スキー場(増田)
市で運営している唯一のスキー場です。
市内のスキー場の機能を集約したことで、利用者が増加する一方、休憩場所や荷物置き場の確保が困難な状況となっています。
今後は、利用者が快適にスキーを楽しめるよう環境整備を充実させていきます。


ウインタースポーツのシンボルであるスキーを子供たちに伝え、雪国の文化を継承していくことが大切であり、横手公園スキー場が利用できないことを惜しむ声がある一方で、たくさんの公共施設がある中、古くて利用者の少ない施設に、税金を使い続けていることへの疑問や不満の声があり、早く廃止するべきだとする声も聞こえてきます。
横手公園スキー場の状況

横手公園スキー場の状況

スキー2
スキー3

横手市内のプールの現状

◎大鳥公園市民プール
平成28年7月、プール地下配管より水漏れが発生しました。
国指定大鳥井山遺跡の文化財保護の観点から修繕することが極めて難しく、現在プール営業を休止しています。

◎大森公園プール
屋根シートが強風により被災、温水ソーラーシステム・加温ボイラー・流水プール循環装置故障により、来年度からプール営業を休止します。

◎十文字B&G海洋センタープール
屋根鉄骨の腐食による梁の剥離により、安全確保が難しいことから平成29年度から営業を休止しています。


横手市スポーツ推進計画の「プールの整備方針」では、市民の健康増進等の観点から、市民がプールを利用する機会を確保することを目指していくこととしています。
なお、平成28年8月より横手市小学校水泳大会は、横手市立平鹿中学校で開催されています。
大鳥公園プールの状況

大鳥公園プールの状況

プール2
プール3

意見募集について

ホームページによる意見募集に関しましては、諸事情により行わないことになりましたのでご理解のほどをお願いします。
大変申し訳ございません。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

教育総務部スポーツ振興課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市条里二丁目2-50(横手就業改善センター内)   
電話番号:0182-35-2173 ファックス:0182-32-6120
メールアドレス:supotusinko@city.yokote.lg.jp

代表電話