ページ本文

横手市公文書館

 横手市公文書館は、明治(1871年の廃藩置県)以降の行政文書や行政資料を収集し、歴史的に重要と見なされる資料を評価選別して保存し、公開することが主要な役割です。また、館内には会議などでご利用いただける貸室を設けているほか、テーマを設定した企画展や旧鳳中学校のコーナーも開設しています。お気軽にご来館ください。
  

■ 基本情報

公文書館
【郵便番号】013-0006
【住    所】横手市新坂町2番74号
【T E L】0182-23-9010
【F A X】0182-23-9025
【 Eメール】somu@city.yokote.lg.jp
--------------------------------------------------
【開館時間】午前9時から午後5時まで
 ※  資料閲覧請求は午後4時30分まで
【 休館日  】日曜日・月曜日・祝日及び年末年始
     (※メンテナンス等の臨時休館有り)
---------------------------------------------------------------------------------------------
【バリアフリー】車いす対応スロープ・専用駐車場/多機能トイレ/授乳室
【 駐車場  】41台

■ 保存資料閲覧の仕方

(1)「公文書館公開等保存資料目録」 から閲覧したい資料を選択し、事前に「公文書館
    資料 閲覧・複写申請書」を提出してください(郵送、ファックス、Eメール可)。
    なお、目録に掲載のない資料の場合は、事前にお問い合わせください。
(2)公文書館で申請資料を確認し、閲覧の可否を事前にお知らせします。なお、確認には
        所要の日数を要します。
(3)公文書館へ来館し資料を閲覧してください。資料の写真撮影及び複写は可能です。
   ※  複写の場合は有料となります。また、館外貸出は行っておりません。
    
   

■ 貸室(ルーム1・ルーム2)

  使用料(税込み) 面積 収容人数
ルーム1 200円/時間 96平方メートル 40人
ルーム2 150円/時間 72平方メートル 30人
※ 事前に「公文書館使用許可申請書」を提出してください。

■ 企画展(令和2年度下期)

「礎」
秋田県第1位の農業産出額を有する横手市。
その礎には、市民の「食」と「まち」を支えてきた多くの人々や
地域の強い絆がありました。
本企画展では、時代とともに移り変わる「農」の姿に焦点をあてて、
当館が所蔵している写真や資料を紹介しています。

【テーマ】 「礎」 ~ 食とまちを支えた人々の姿 ~
【期 間】   令和2年12月1日~令和3年5月上旬

旧鳳中学校メモリアルコーナー

旧鳳中メモリアルコーナー

館内のホールに、メモリアルコーナーとして、公文書館の前身である旧横手市立鳳中学校の関係資料を展示・紹介しています。

「公文書館だより」創刊

 開館1周年を記念して、「公文書館だより」を創刊しました。今後、年2回の発行を予定しています。市民のみなさんへ、これからも公文書館の保存資料や企画展の情報をお伝えしていきます。
 なお、みなさんに公文書館をより身近に感じていただくために、「公文書館だより」の愛称を募集します。ご応募をお待ちしています。

■ 地図

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

横手市公文書館
所在地:〒013-0006 秋田県横手市新坂町2番74号   
電話番号:0182-23-9010 ファックス:0182-23-9025
メールアドレス:somu@city.yokote.lg.jp

代表電話