請求書への押印が省略できます

ページID1005367  更新日 2021年11月1日

印刷大きな文字で印刷

一定の事項を記載することで、請求書への押印が省略できます。

請求書への押印が省略できる場合とは

請求書への押印を省略する場合は、発行責任者と担当者の氏名と連絡先を記載してください。

詳しくは、請求書様式例をご覧ください。

押印した請求書も従来どおり受け付けます。

押印された請求書も従来どおり受け付けます。

この場合の印鑑は、「代表取締役の印」「代表者の名字の印」など代表者の印を用いてくださるようお願いします。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

会計課会計係
〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号(本庁舎2階)
電話:0182-32-2532 ファクス:0182-32-2611
お問い合わせフォームは専用フォームをご利用ください。