令和3年度 市政懇談会「おじゃまします。市長の髙橋です」開催実績

ページID1004413  更新日 2022年6月1日

印刷大きな文字で印刷

今年度も各地域におじゃまし、市政の現状、これからについて多くの市民の皆さんと意見交換してまいりました。

開催実績

開催日程と参加者数

開催日 会場 地域 参加人数
4月5日(月曜日) 山内公民館 山内

66名

4月7日(水曜日) 増田地区多目的研修センター 増田

27名

4月12日(月曜日) 浅舞公民館 平鹿

28名

4月13日(火曜日) 大森コミュニティセンター 大森

36名

4月14日(水曜日) 雄物川コミュニティセンター 雄物川

38名

4月19日(月曜日) 十文字庁舎 十文字

60名

4月20日(火曜日) 大雄交流研修館 ふれあいホール 大雄

43名

4月22日(木曜日) さかえ館 横手

29名

4月27日(火曜日) 金沢孔城館 横手

30名

4月30日(金曜日) かまくら館 横手

42名

参加人数合計 399名
(参考:令和元年度 307名)

開催時間

いずれの会場も午後6時30分から午後8時まで

開催概要

髙橋市長から市政の今後と現状、50年後・100年後の未来を見据えた横手について

  • 公共温泉施設について
  • 防災無線について
  • 今冬の豪雪について
  • 新型コロナウイルスワクチン接種について
  • 横手市の財政状況について
  • サウンディング型市場調査について
  • 横手駅東口再開発事業について
  • 大型公共施設(横手体育館・市民会館)の整備および50年100年後の横手について

以下から動画をご覧いただけます。各動画は平鹿会場で行われた市政懇談会の様子です。
(外部ページ(Youtube)に遷移します。) 

市民の方からのご意見・ご要望

各会場でご発言のあった参加者の皆様からのご意見・ご質問と、その場での市長のコメントの一部を抜粋しご紹介いたします。

温泉施設の今後の方向性について

公共温泉の運営について、公金を投入しての温泉経営は民業圧迫の側面などを考慮し、運営を民間に委ねるとする基本スタンスはこれまで同様です。
しかし、地域の皆様、議会の皆様のご意見、ご指摘を踏まえ、改めて施設ごとの位置づけや方向性、公募の是非などに関する検討を行うため、専門家による施設状態の調査を行うことといたしました。そしてこのための調査費を市議会6月定例会にご提案し、このほど議会のご理解を得ました。
この調査結果で、改修等に向け新たに必要となる投資額などが判明しましたら、公募の妥当性や諸条件について改めて検討いたしたいと思います。また、その結果によりましては、見直しの必要が生ずる可能性もあると考えております。
公募そのものの是非を含め各施設の最終的な方向性は、この後、ご提示したいと思いますので、しばらくお時間を頂けますようよろしくお願い申し上げます。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

総務企画部秘書広報課秘書係
〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号(本庁舎3階)
電話:0182-35-2189 ファクス:0182-35-2221
お問い合わせフォームは専用フォームをご利用ください。