ページ本文

森林環境譲与税を活用した事業が始まりました

 平成30年5月に森林経営管理法が成立し、経営や管理が適切に行われていない森林について、適切な経営や管理の確保を図るため、平成31年4月から新たな制度「森林経営管理制度」がスタートしました。

森林環境譲与税を活用した森林整備の開始

 手入れの行き届いていない森林を整備するための「森林環境税」が創設され、令和6年度から住民税と併せて課税されます。今年度から5年間は暫定的に「森林環境譲与税」として国から全国の県・市町村に配分されます。
 この新たな財源を活用し、「森林経営管理制度」で、これまで森林所有者が管理できていない森林を市町村に預け、所有者に代わって市町村が森林を管理することが可能となりました。

※森林の所有権は所有者に残ったまま、森林を整備(管理)する権利のみを預けることになります。

森林経営管理制度について

 「森林経営管理法」に基づき、横手市ではこれまで森林所有者が自ら管理できない森林や、森林所有者が不明な森林を集約していきます。市が森林所有者の意向を確認し、今後の長期的な整備計画を立てることにより、森林所有者、市、林業経営者が協力して森林整備に取り組むことが可能になります。
林野庁ホーム
(1) 意向を確認:横手市が森林所有者に対し、所有森林を今後どのように経営管理したい
                            かの意向を確認します。
(2) 管理を委託:横手市に委託をしたいと回答を頂いたときは、必要に応じて、横手市と
                            協議の上、経営管理の委託手続きを行います。
(3) 管理を再委託:林業経営に適した森林は、意欲と能力のある林業経営者に経営管理を
                          再委託します。
(4) 横手市が管理:自然条件等が悪く採算ベースに乗らない森林は、市が森林環境譲与税
                               を活用して直接管理します。

◎意向調査へのご協力のお願い

 これから森林所有者の皆さんへ、意向調査を行います。(令和元年8月頃から順次)
 お手数ですが、お手元に調査票が届きました際には調査にご協力くださいますようお願いします。
 森林所有者特定のため、調査票がお手元に届くまで2~3年お時間が掛かる場合があります。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

農林部農林整備課
所在地:〒013-8502 秋田県横手市旭川一丁目3番41号   
電話番号:0182-32-2114 ファックス:0182-32-4037
メールアドレス:norin@city.yokote.lg.jp

代表電話