ページ本文

保育料算定における寡婦(夫)控除みなし適用について

横手市では、婚姻歴のないひとり親家庭の経済的負担を軽減するため、保育料の算定において、寡婦(夫)控除のみなし適用を実施しています。
寡婦(夫)控除のみなし適用には申請が必要ですので、子育て支援課または各地域局市民サービス課へご相談ください。

制度概要

地方税法上の寡婦(夫)控除が適用されない未婚のひとり親のうち、以下の要件を満たす者について、地方税法上の寡婦(夫)控除が適用されたものとみなし、保育料を算定します。

みなし適用の要件

保育料の算定に用いる市民税の課税年度の前年の12月31日時点および申請時点において、次のいずれかに該当する者

(1)婚姻によらないで母となった女子であって、現に婚姻(届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある場合も含む)をしていない者のうち、扶養親族または生計を一にする20歳未満の子(他の者の控除対象配偶者または扶養親族とされている者を除き、前年の合計所得金額が38万円以下の者)を有する者

(2)婚姻によらないで父となった男子であって、現に婚姻(届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある場合も含む)をしていない者のうち、生計を一にする20歳未満の子(他の者の控除対象配偶者または扶養親族とされている者を除き、前年の合計所得金額が38万円以下の者)を有し、かつ、前年の合計所得金額が500万円以下である者
 

申請に必要な書類

寡婦(夫)控除のみなし適用申請書
・申請者の戸籍全部事項証明書
・印鑑

※その他必要に応じて、住民票や所得証明書などの提出を求める場合があります。

申請窓口

横手市役所子育て支援課(本庁舎4階)または各地域局市民サービス課

注意事項

・みなし適用を受けても、課税状況によっては保育料に変更が生じない場合もあります。
・みなし適用に必要な市民税額が確認できない場合(未申告等)は適用されません。
・みなし適用を受けても所得税額または市民税額が変更となるものではありません。
・みなし適用は申請のあった翌月分の保育料から適用されます。
・虚偽の申請があった場合には、みなし適用が取り消されるほか、保育料の減額分の全額を返還していただくことになります。
・婚姻などにより要件を満たさなくなった場合には遅滞なく変更届を提出してください。届出が遅れた場合、遡って保育料を返還していただきます。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民福祉部子育て支援課(児童家庭係・幼保係)
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号   
電話番号:0182-35-2133 ファックス:0182-32-9709
メールアドレス:kosodate@city.yokote.lg.jp

代表電話