ページ本文

新型コロナウイルス感染症関連情報

相談窓口

感染を疑う症状が出たら(感染症に関する相談窓口)
  あきた帰国者・接触者相談センター
   (電話018-866-7050※24時間対応/電話018-895-9176※毎日午前9時~午後5時)
  横手保健所 健康・予防課(電話0182-32-4005 ※平日午前9時~午後5時)

くらし・生活に関する相談 横手市くらしの相談窓口(電話0182-32-6101)

支援制度をまとめました

生活を支えるための支援制度をご紹介します。市報よこて6月1日号の内容を先行してお知らせするもので、「特別定額給付金」「中小企業・個人事業主向け支援」「収入減少による各種支援」についての支援内容と問い合わせ先を掲載しています。また「市内の飲食店支援の取り組み」についてもご紹介します。

生活を支えるための支援制度(市報よこて6月1日号より)※5月20日現在の情報

感染予防・拡大防止のために

1.感染予防の基本は手洗いや咳エチケット、身の回りの消毒などです。

2.当面の間、大都市圏との不要不急の往来は避けて下さい。
  県外から来た方は、2週間程度、不要不急の外出を控えてください(秋田県庁)

3.「換気の悪い密閉空間」「多くの人が密集する」「近距離で会話を行う」の
  3条件を避けてください(首相官邸広報)

4.感染が疑われる場合は、医療機関を受診する前に
  『あきた帰国者・接触者相談センター』または『横手保健所』に電話してください

事業者・労働者向け支援情報・お知らせ

健(検)診などの実施状況(6月15日更新)

成人健(検)診 7月から再開
例年と内容が大きく変更となります。リンク先をご確認ください。
(健康推進課 電話0182-33-9600)

集団乳幼児健診・相談 7月から1歳6か月健診および3歳児健診を再開、10か月児検診は通常通り実施
その他の乳幼児健診については中止となりますが、保健師による電話相談などを実施するものがあります。
詳しくはリンク先をご確認ください。
(健康推進課 電話0182-33-9600)

対策型胃内視鏡検診 中止
(健康推進課 電話0182-33-9600)

公共施設における利用制限

感染防止対策基準として、使用条件を次の6項目とします。

1.マスク、手指消毒、手洗いを徹底すること。
   ただし、運動中のマスクの着用については、運動の内容に応じて各自でご判断ください。
2.体調管理を徹底すること※使用前に健康状態を確認させていただきます。
3.全員分の施設使用者名簿を提出すること。
4.3密(密閉・密集・密接)の状態にならない 工夫をすること。
   和室は2畳あたり1人、体育館・ホール・洋間などは4平方メートルあたり1人の
   人数でご使用ください。
   テーブル・椅子は概ね2mの間隔をとり、対面にならない工夫をしてください。
5.1時間ごとに換気を徹底すること。
6.使用後は使用物品および手の触れた場所などを消毒すること。

このほか、感染拡大防止に関する詳細については、ご使用になる各施設にご確認ください。

県からのお願い 首都圏などへの移動は慎重に

秋田県コロナ関連広報 県をまたぐ移動は慎重に
画像をクリックすると拡大します。

新型コロナウイルス感染症対策に係る横手市対策本部

本部長 横手市長
担当課 危機管理課(電話0182-35-2195)

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

総務企画部秘書広報課(広報係)
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号   
電話番号:0182-35-2162 ファックス:0182-35-2221
メールアドレス:koho@city.yokote.lg.jp

代表電話