ページ本文

街路・防犯灯の設置基準について

市で設置する場合(設置費、電気料とも市負担)

イ.学校周辺(当分の間、当該施設の中心から概ね半径500mの範囲)の通学路で交通事故の
  防止や防犯上、特に必要なもの。

ロ.公共施設(学校を除く)の周辺(当該施設の中心から概ね半径300mの範囲)で、交通事故の
  防止や防犯上、特に必要なもの。

ハ.住宅の建て並んでいる地区で道路幅が6m以上で、最も近い防犯灯から50m以上離れて
  いる場合。(道路幅6m未満は100m以上)

二.住宅の建て並んでいない地区で道路幅が6m以上で、最も近い防犯灯から150m以上離れて
   いる場合。(道路幅6m未満は200m以上)

ホ.その他、交通事故の防止や防犯上、特に必要と認められる場所。

地域で設置する場合(上記の基準に該当しないが地域で設置したい場合)

イ.交通状況や防犯上において危険が予測され、不特定多数の住民が通行する場所であること。

ロ.管理人をおくこと。

防犯灯の補助金

地域で設置する場合や容量変更を行う場合に補助金を交付します。

種別 交付条件 交付対象 補助率 限度額
新設 引込柱有 (1)交通状況又は防犯上において危険が予測される場所であること。
(2)市道又は不特定多数の住民が通行する場所(原則として袋小路は不可とする)であること。
(3)管理人を設置すること。
水銀灯40ワット相当、蛍光灯20ワット相当又はLED灯10ワット相当及びこれらに係る引込柱 経費の1/2以内で予算の範囲内 60,000円
引込柱無 水銀灯40ワット相当、蛍光灯20ワット相当又はLED灯10ワット相当 経費の1/2以内で予算の範囲内 30,000円
容量変更 20ワット以下の白熱灯又は蛍光灯を40ワット相当の水銀灯又は10ワット相当LED灯に容量変更するものであること。 水銀灯40ワット相当又はLED灯10ワット相当 経費の1/2以内で予算の範囲内 30,000円
移転 市長が認めた事由により防犯灯を移転する場合に要する経費であること。 移転費 経費の1/2以内で予算の範囲内 20,000円

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

建設部建設課(維持係)
所在地:〒013-8502 秋田県横手市旭川一丁目3番41号   
電話番号:0182-32-2407 ファックス:0182-32-4024
メールアドレス:kensetsu@city.yokote.lg.jp

代表電話