ページ本文

不妊治療費・不育症治療費補助金のご案内

 横手市では、不妊治療・不育症治療に係る費用について、自己負担額の一部を補助し、子どもを生み育てたいと希望するご夫婦への支援を行っています。
 令和3年度から一部手続きが変更になりました。ご確認ください。

一般不妊治療・不育症治療費補助金

 一般不妊治療・不育症治療にかかる費用の一部を補助します。
 対象となる不妊治療は、医師が認めた不妊検査・一般不妊治療および人工授精です。
 
対象となる方 下記の(1)~(5)全てに該当する方が対象となります。
(1)医師により不妊治療が必要であると認められている方
(2)県内の医療機関で、不妊治療を受けている方
(3)夫婦の一方または双方が、横手市に1年以上前から住所を有している方
(4)医療保険の被保険者、またはその被扶養者である方
(5)夫婦双方に市税の滞納がない方
※事実上婚姻関係同様の事情にあり、住民票上「夫(未届)または妻(未届)」の記載がある場合も補助の対象者となります。
補助額 一組の夫婦に対し、申請する年度の属する年の3月から翌年の2月までに各医療機関に支払った自己負担額の1/2(上限15万円)を補助します。
申請書類の提出先 横手市健康推進課 (横手市横山町1番1号 横手保健センター内)
または各地域局市民サービス課
※郵送の場合は、健康推進課に送付ください。
申請期限 申請する年度の属する年の3月から翌年の2月診療分を一括して、当該年度の3月31日までに、申請と請求をしてください。
※申請は年度ごとに必要になります。
申請書類
□ 一般不妊治療・不育症治療費補助金交付申請書兼実績報告書
□ 戸籍謄本もしくは戸籍全部事項証明書
□ 夫婦の一方または双方の住民票
□ 夫婦双方の健康保険証の写し
□ 一般不妊治療・不育症治療費補助金請求書
 (申請者の金融機関口座情報を記載してください)
□ 一般不妊治療・不育症治療費補助金請求書に係る受診証明書
 (医療機関に記載していただく書類です)
□ 医療機関の発行した領収書の写し
□ 院外処方薬に係る薬局の領収書の写し
申請書様式のダウンロード 一般不妊治療・不育症治療費補助金交付申請書兼実績報告書
 
一般不妊治療・不育症治療費補助金請求書に係る受診証明書
一般不妊治療・不育症治療費補助金請求書

特定不妊治療費補助金

 特定不妊治療にかかる費用の一部を補助します。
 これは、秋田県で行っている「秋田県特定不妊治療費助成事業」の限度額を超えた自己負担額について補助するものです。 
 

対象となる方 下記の(1)~(3)全てに該当する方が対象となります。
(1)秋田県特定不妊治療費助成事業の承認決定を受けている方
(2)夫婦の一方または双方が申請日の1年以上前から横手市に住所を有している方
(3)夫婦双方に市税の滞納がない方
助成内容 一組の夫婦に対し、1回10万円を限度として1年度当たり3回まで補助します。
申請書類の提出先 横手市健康推進課(横手市横山町1番1号 横手保健センター内)
または各地域局市民サービス課
※郵送の場合は、健康推進課に送付ください。
申請期限 治療が終了した日の属する年度の末日(3月31日)までに申請してください。
※秋田県の承認決定通知書が交付されてから申請してください。
秋田県特定不妊治療費助成事業については、 秋田県のホームページをご参照ください。
申請書類
□ 横手市特定不妊治療費補助金申請書兼実績報告書
□ 秋田県特定不妊治療費助成事業承認決定通知書の写し
□ 秋田県特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し
□ 医療機関の発行した領収書の写し
□ 院外処方薬に係る薬局の領収書の写し(院外処方がある場合)
□ 夫及び妻の住民票(当該年度初回の申請時のみ提出)
□ 横手市特定不妊治療費補助金請求書
申請書様式のダウンロード 特定不妊治療費補助金申請書兼実績報告書
特定不妊治療費補助金請求書

PDFのダウンロードについて

PDFファイルをご覧いただくにはAdobeReader(無償)が必要です。AdobeReaderがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
AdobeReaderダウンロードページ

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民福祉部健康推進課(健康づくり係)
所在地:〒013-0044 秋田県横手市横山町1-1   
電話番号:0182-33-9600 ファックス:0182-33-9601
メールアドレス:kenkou@city.yokote.lg.jp

代表電話