ページ本文

妊娠・出産

妊娠したとき

 平成28年1月1日より、妊娠届出時に「妊婦本人の個人番号(マイナンバー)の記入」と、「届出人の本人確認」が必要となりましたので、ご理解とご協力をお願いします。

≪妊婦さん本人が届出する場合に必要なもの≫

1.個人番号カードをお持ちの方
  個人番号カード

2.個人番号カードをお持ちでない方
  (1)~(3)のいずれか1点と(4)
  (1)個人番号通知カード
  (2)個人番号が記載された住民票またはその写し
  (3)個人番号が記載された住民票記載事項証明書
  (4)妊婦の本人確認ができるもの(運転免許証またはパスポートなど顏写真付証明書 1点)
   ※顔写真付でない証明書の場合は2点(健康保険被保険者証、年金手帳など)

≪代理人が届出する場合に必要なもの≫

1.妊婦本人の個人番号がわかるもの
  (1)~(4)のいずれか1点
  (1)妊婦本人の個人番号カードまたはその写し(表面と裏面の両方)
  (2)妊婦本人の個人番号通知カードまたはその写し
  (3)妊婦本人の個人番号が記載された住民票またはその写し
  (4)妊婦本人の個人番号が記載された住民票記載事項証明書

2.代理人の本人確認ができるもの(運転免許証またはパスポートなど顏写真付証明書 1点)
   ※顔写真付でない証明書の場合は2点(健康保険被保険者証、年金手帳など)

3.委任状
   委任状のダウンロード(PDF)



種別 対象者 内容 実施場所 備考
母子健康手帳 妊婦 母子健康手帳を交付します。(保健師による個別相談があります)
妊娠届のダウンロード(PDF)
・健康推進課(横手保健センター)
・各地域市民サービス課
居住地域外の窓口も交付できます。

妊婦健診

(補足あり)

妊婦 一般健康診査16回分、子宮頸がん・クラミジア検査1回分、歯科健診1回分の公費負担があります。 医療機関 受診票は母子健康手帳と一緒に交付します。
産婦 産後1か月健診1回分、母乳育児相談3回分の公費負担があります。
マタニティクラス 妊婦及び、その家族 沐浴見学、パパの妊婦体験、栄養講話、大切ないのちの話、歯科講話
 ご案内はこちら(PDF)
健康推進課(横手保健センター)  
赤ちゃんのお風呂の入れ方体験講座 妊婦及び、その家族 沐浴教室
 ご案内はこちら(PDF)
個別対応。

※母乳育児相談協力機関(PDF)



里帰り出産のため県外での健診を希望される方は健康推進課(横手保健センター)または各地域市民サービス課へご相談ください。
  里帰り出産用 妊婦健康診査費・新生児聴覚検査助成申請書兼請求書
 申請書記入例

妊娠届のオンライン申請

妊娠届の申請について、オンラインで申請が可能になりました。
申請される方は、下記をご確認のうえお手続きください。
秋田県市町村電子申請・届出システムを経由して行います。


<事前に準備していただくもの>
 ◆マイナンバーカード(署名用の電子証明書付き)
 ◆ICカードリーダライタ
 ◆インターネットを使用できるパソコン

注1)マイナンバーカードをお持ちでない方は、申請が必要です。
    マイナンバーカードを取得するまでは、申請から概ね3週間かかります。
    申請方法はこちらをご覧ください。
注2)マイナンバーカードに対応するOS・ブラウザはこちら をご覧ください。
注3)秋田県市町村電子申請・届出システムの操作でお困りの時はこちらをご覧ください。


<確認いただきたいこと>
 ◆オンラインで申請いただいた後、母子健康手帳や妊産婦健康診査受診票をお渡しします。
  健康推進課(横手保健センター)または各地域市民サービス課の窓口へお越しください。
  
なお、郵送は行っておりません。
 ◆手帳等の発行には20分程お時間をいただきます。また、予約制ではないため、
  当日お待ちいただく場合もありますのでご了承ください。


<お持ちいただく物>
 ◆妊婦本人が申請し、受け取りにくる場合…本人確認ができるもの
  (運転免許証またはパスポートなど顏写真付証明書 1点)
  ※顔写真付でない証明書の場合は2点(健康保険被保険者証、年金手帳など)

 ◆代理人が申請し、受け取りにくる場合
  ・委任状
  ・代理人の本人確認できるもの
  ・妊婦本人の個人番号がわかるもの((1)~(4)のいずれか1点)
  (1)妊婦本人の個人番号カードまたはその写し(表面と裏面の両方)
  (2)妊婦本人の個人番号通知カードまたはその写し
  (3)妊婦本人の個人番号が記載された住民票またはその写し
  (4)妊婦本人の個人番号が記載された住民票記録事項証明書
  ※上記以外の場合にお持ちいただくものについては、健康推進課(横手保健センター)または各地域市民サービス課へお問合せください。


<オンライン申請の期日について>
オンライン申請される場合、窓口にお越しいただく前々日(土日祝日を除く)までに申請手続きをお済ませください。
受け取り日時のご希望に添えない場合もありますので、何とぞご了承ください。
その場合は、担当者より日程調整のご連絡をさせていただきます。

産後ケア事業

てくてくんのイラスト
安全安心に子どもを産み、育てられることができるよう出産後の母子の心身ケア・育児サポートを行うための「宿泊」による産後ケアを行います。

対象者 横手市に住所を有する出産後4か月までの産婦さんと赤ちゃんで、産婦さんが以下のいずれかに該当し、市が認めた方となります。
1. 産後に心身の不調がある方
2. 産後に育児不安等がある方
内容 出産後の入院加療とは別に、協力医療機関に宿泊して休養しながら、産婦さんの体調管理や赤ちゃんの育児サポートをいたします。利用は、通算7日以内となります。
<主なケア内容>
 からだのケア  産婦さんの体調管理とケア
 こころのケア  育児相談・発達相談・心の休養
 育児のサポート 赤ちゃんのお風呂の入れ方や授乳方法 など
利用料金 1泊につき 6,000円
連続利用の場合は2泊目以降 3,000円
市民税非課税世帯、生活保護世帯は無料です。
医療機関 平鹿総合病院 (平鹿総合病院で出産した方に限ります)
市立横手病院
申し込み ご利用を希望の方はご相談ください。担当の保健師がご相談に応じます。
利用申請書はこちら

赤ちゃんが産まれたとき

 

届出期間 必要なもの
出生した日から14日以内 ・出生届書(出生証明書)
・届出人の印鑑
・国民健康保険書証(加入者のみ)
・母子健康手帳

 *出生に伴う各種手当(出産祝金、児童手当など)制度がありますので、出生届をした際には、必ず国保市民課または各地域市民サービス課で必要な手続きをしてください。
*赤ちゃんが2,500g未満の時は「低体重児出生届」を国保市民課または各地域市民サービス課に届出してください。
*出生届の後に、保健師が個別訪問に伺うために連絡がいきます。
(詳しくは、子どもの健診・訪問のページをご覧ください)
 

未熟児養育医療給付

  生まれた赤ちゃんが未熟児で指定養育医療機関に入院する時に、最長1歳未満までの間、医療費と食事療養費の給付が受けられます。申請書類は健康推進課(横手保健センター)または各地域市民サービス課にありますので、お問い合わせください。

新生児聴覚検査事業

 平成31年度から、新生児の耳のきこえについて異常の早期発見と対応のため新生児聴覚検査を無料で(公費負担で)受けることができるようになりました。
 平成31年4月1日以降に生まれ、横手市に住所を有するお子さんが対象です。出産後の入院期間中に協力医療機関で検査を受けることができます。県外で出産する場合は、ページ上部にある「里帰り用 妊産婦健康診査費・新生児聴覚検査助成申請書兼請求書」をご使用ください。
 

PDFのダウンロードについて

PDFファイルをご覧いただくにはAdobeReader(無償)が必要です。AdobeReaderがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
AdobeReaderダウンロードページ

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民福祉部健康推進課(健康づくり係)
所在地:〒013-0044 秋田県横手市横山町1-1   
電話番号:0182-33-9600 ファックス:0182-33-9601
メールアドレス:kenkou@city.yokote.lg.jp

代表電話