職場の健康保険を脱退して、国民健康保険に加入するとき、手続きをする前に病院にかかった場合、医療費はどうなりますか。

一旦全額負担していただき、申請により療養費を支給します。

国保に加入する場合は、会社の健康保険を脱退した日までさかのぼって国民健康保険が適用になります。
立て替えた医療費は国保の加入手続き後に、自己負担分を除いた額を「療養費」として支給しますので、国保市民課または各地域局市民サービス課で申請をお願いします。

【療養費申請に必要なもの】
・世帯主の印鑑
・保険証
・世帯主と被保険者の個人番号(マイナンバー)を証明するものと、窓口にこられた方の本人確認ができるもの(詳しくは関連資料欄を参照ください)
・診療報酬明細書
・領収書
・保険証
・世帯主名義の預金通帳または口座番号の分かるもの

【各種給付金(療養費など)の申請時注意事項】
・給付金の申請は、支払いから2年以内に行わないと時効によって権利が消滅しますのでご注意ください。

【申請窓口】
国保市民課または各地域局市民サービス課

【受付時間】
午前8時30分から午後5時15分まで

【休日】
土、日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)


このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

市民福祉部国保市民課(国民健康保険係・後期高齢者医療係)
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号 
電話番号:0182-35-2186 ファックス:0182-33-7838
メールアドレス:kokuhoshimin@city.yokote.lg.jp

代表電話