ページ本文

文化財保護課

  文化財保護課では、横手の歴史や文化を伝える文化財の保護、遺跡などの発掘調査を行い、郷土資料館の展示や公開講座の開催などを通じて市内外の皆様にお伝えしています。 
 文化財についてのご質問、有形・無形の文化財についてのご相談をお受けしています。

イベント等のお知らせ

後三年合戦シンポジウム

 横手市教育委員会では、美郷町教育委員会との共催により「平成30年度 後三年合戦シンポジウム」を開催します。
 今回のシンポジウムは、下記の内容をテーマに、大学教授や調査担当者を招いて行います。
 参加は無料、事前申込みは不要ですので、ぜひご参加ください。

テーマ 第1部 横手市・美郷町の近年の発掘調査成果
    第2部 金沢柵の区画施設の構造

◆日 時/平成31年2月23日(土)
     11:00~16:20
     平成31年2月24日(日)
     9:20~15:00
◆場 所/かまくら館2階ホール(横手市中央町8番12号)

  

    

◆内 容/平成31年2月23日(土)
     第1部 横手市・美郷町の近年の発掘調査成果
      「鎧ヶ崎城跡の調査成果と今後の展望」山形博康(美郷町教育委員会)
      「日本海側最北の古墳文化集落の一本杉遺跡」島田祐悦(横手市教育委員会)
      「横手盆地の「古墳文化」を考える~一本杉遺跡が伝える地域の歴史~」品田高志(新潟県柏崎市立博物館)
      第2部 金沢柵の区画施設の構造
      「秋田城跡の区画施設の構造」伊藤武士(秋田市立秋田城跡歴史資料館)
      「払田柵跡の区画施設の構造」高橋学(秋田県埋蔵文化財センター)
      「鳥海柵跡の区画施設の構造」浅利英克氏(岩手県金ヶ崎町教育委員会


      平成31年2月24日(日)
      「大鳥井山遺跡の区画施設の構造と金沢柵推定地金沢城跡の調査成果」島田祐悦(横手市教育委員会)
      「平泉遺跡群の区画施設の構造」八重樫忠郎(岩手県平泉町役場)
      「金沢柵の立地と構造をめぐって」中澤克昭(上智大学文学部教授)
      パネルディスカッション
       コーディネーター 八重樫忠郎(岩手県平泉町役場)・パネリスト 上記講演講師陣

                                 (敬称略)

◆参加費/無料
◆問合せ/横手市教育委員会文化財保護課
     電話 0182-32-2403

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

教育総務部文化財保護課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市条里一丁目1番64号   
電話番号:0182-32-2403 ファックス:0182-32-4034
メールアドレス:bunkazaihogo@city.yokote.lg.jp

代表電話