ページ本文

後三年合戦金沢資料館企画展示

令和元年度 第3回特別展示「後三年合戦顕彰活動の歩み」

下記の展示は、3月29日(日)をもちまして終了しました。
次回特別展示は、2020年(令和2年)4月25日(土)~6月28日(日)「伝統芸能 金沢ささら舞」を予定しております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今回の展示では「後三年合戦顕彰活動の歩み~明治・大正・昭和~」として、明治・大正・昭和時代の金澤八幡宮周辺や昭和天皇(皇太子時)金沢行啓時の写真等、また地域住民を中心とした顕彰団体である「金澤保古会」などで制作された資料や書籍を展示しました。

 期間:2月8日(土)~3月29日(日)


 問合せ 後三年合戦金沢資料館 電話0182-37-3510
菓子木型 眇石斑魚諸越(すがめかじかもろこし)

菓子木型 眇石斑魚諸越(すがめかじかもろこし)

金沢柵鳥瞰図

金沢柵鳥瞰図

平成31年度・令和元年度 これまでの展示

【中山人形展】

 中山人形は、明治初めに旧平鹿郡吉田村中山(現在の横手市平鹿町中山)の樋渡家で生まれ、今日まで受け継がれています。題材は節句物・縁起物・童子物・風俗物など多岐にわたり、特に干支土鈴は昭和54年と平成26年に年賀切手の意匠に採用されるほど色彩豊かな土人形として全国的に広く知られています。
 今回の特別展示では、この横手を代表する郷土玩具「中山人形」の魅力を紹介しました。

期間:10月19日(土)~12月22日(日)
中山人形展チラシ表
【『兼廣と楳渓』展~横手の幕末を生きた刀工と画家~】

 今回の特別展示では、横手の刀工 兼廣の刀と、このたび新しく寄贈された柴田楳渓の襖絵を展示しました。
 柴田楳渓(ばいけい)は明治・大正と活躍した横手出身の日本画家で、円山四条派の大家 幸野楳嶺に京都で学びながらも母の病のため帰郷し、父の南谷、子の松谷とともに画人として名を馳せました。
 刀工 兼廣(かねひろ)は、横手城代・戸村家の招きで来横し鍛冶町に住み、詳伝は不明とされていますが、時代により銘の入れ方や作風が異なり、異なる刀工による可能性があるともいわれています。今回の展示では、慶応四年の兼廣刀、そして秋田県初展示の文久元年の兼廣刀を展示しました。

期間:4月20日(土)~6月16日(日)
正面

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

教育総務部文化財保護課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市条里一丁目1番64号   
電話番号:0182-32-2403 ファックス:0182-32-4034
メールアドレス:bunkazaihogo@city.yokote.lg.jp

代表電話