ページ本文

【市長室往来・平成26年9月】

髙橋市長のもとを訪れた方々を紹介します。

釣りキチ三平ラーメンを市長にお披露目~9月25日~

 有限会社三浦商店(代表取締役 三浦勝則)さんが、横手のPRを兼ね開発した『釣りキチ三平ラーメン』のお披露目のため、9月25日、市長を訪問しました。
 増田出身の漫画家『矢口高雄氏』の『釣りキチ三平』をモチーフにしたラーメンで、パッケージにも『釣りキチ三平』が描かれています。また、裏面には増田の内蔵のあるまちなみとまんが美術館が紹介されています。
 味は、醤油味の比内地鳥だしをベースとし、少し魚介が利いたダブルスープです。
 試食した市長は「だしが利いていておいしい。また、麺の食感も生麺に近い感じですね。パッケージの印象もいいし、横手のおみやげとして観光客にもうける商品だと思います。このように、地域を紹介した商品を作って、横手を全国にPRしていただくのはとてもありがたい」と感謝の言葉を述べました。
 三浦代表は、「地域にはすばらしい宝が眠っている。それを発信することで、地域をアピールしていきたいと思い、今年の春から開発を始めました。矢口先生をはじめ、市職員にもご協力いただき、自然観あふれるすてきなパッケージも完成しました。この商品を通じて横手を全国に発信していきたい」と話しました。
 釣りキチ三平ラーメンは、9月26日より、かまくら館、秋田ふるさと村で販売され、順次、販路を拡大していく予定です。
ラーメンを試食する市長

ラーメンを試食する市長

開発した三浦商店 代表 三浦勝則さん(右)

開発した三浦商店 代表 三浦勝則さん(右)

吉田将太さん(平成高校)が大相撲・新弟子検査合格を報告~9月24日~

市長とともに記念撮影

市長とともに記念撮影

 大相撲秋場所の新弟子検査に合格した吉田将太さん(平成高校3年・時津風部屋)が、9月24日、報告のために市長を訪問しました。
 小学1年の時から相撲を始め、中学3年には東北大会で3位に入賞した実績を持つ吉田さん。今後のさらなる活躍が期待されます。
 市長は「市内の子どもたちが相撲に興味を持つきっかけになる。残り少ない高校生活を満喫しつつ、しっかりと稽古に取り組んでほしい」と激励しました。

JICA派遣の村木さんが来庁し、出発を市長に報告~9月22日~

市長と握手を交わす村木さん(左)

市長と握手を交わす村木さん(左)

 国際協力機構(JICA)のシニア海外ボランテイアとして、2年間、トンガに派遣される村木忍さんが、出発のあいさつのため、9月22日、市長を訪問しました。
 村木さんは鹿角市の出身ですが、横手市内の会社に長く勤務し、横手に住んでいたため、ゆかりのある横手市に報告に訪れたものです。村木さんはこれまでの事務経験を生かし、派遣先のトンガでパソコン技術を指導します。
 市長は「新しい世界にチャレンジすることは、大変なことですが、親しまれる日本人としてがんばっていただきたい。また、慣れない土地ですが、体には留意され、ご活躍を期待しています」と激励しました。
 村木さんは「トンガに行くと決まった時から、日本を見る目が変わりました。現地では、日本を、秋田を、横手をPRしてきます。元気にいってきます」と笑顔で答えました。

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

総務企画部秘書広報課(広報係)
所在地:〒013-8601 秋田県横手市中央町8番2号   
電話番号:0182-35-2162 ファックス:0182-35-2221
メールアドレス:koho@city.yokote.lg.jp

代表電話