住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金のお知らせ

ページID1006400  更新日 2022年6月30日

印刷大きな文字で印刷

 新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、さまざまな困難に直面している方々に対し、生活・暮らしの支援を行うため、住民税非課税世帯等に対して、1世帯あたり10万円の現金給付を行います。

対象世帯

1.住民税非課税世帯

令和3年12月10日時点で横手市に住民登録があり、令和3年度分又は令和4年度分の住民税均等割が非課税である世帯

※令和4年度分の住民税均等割が非課税である世帯に対する給付については、令和4年6月1日が基準日となります。

 なお、令和3年度住民税非課税世帯の給付対象となる世帯(既に給付金の支給を受けた世帯等)は、対象外です。

2.家計急変世帯

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、住民税均等割が非課税の世帯と同様の事情にあると認められる世帯

※収入の種類は給与、事業、不動産、年金です。

(参考)家計急変世帯の該当基準
扶養親族の状況 収入額(年額) 所得額(年額)
単身または扶養親族がいない場合 930,000円 380,000円
配偶者・扶養親族(計1名)を扶養している場合 1,378,000円 828,000円
配偶者・扶養親族(計2名)を扶養している場合 1,683,999円 1,108,000円
障がい者、未成年者、寡婦、ひとり親の場合 2,043,999円 1,350,000円

令和4年1月以降の任意の1カ月の収入(または所得)により年間額を判断します。

※世帯全員のそれぞれの収入(または所得)について判断します。

※判断は申請日時点の状況で行います。

※ただし、1と2のどちらも住民税が課税されている者の扶養親族のみからなる世帯を除きます。

(住民税が課税されている子に扶養されている非課税の親など)

手続き

1.住民税非課税世帯

 市で世帯状況を把握しており、対象と思われる世帯には「確認書」を送付いたしますので、届きましたら必要事項をご記入のうえ、同封の返信用封筒でご返送ください。

※令和4年6月1日以前に複数回住所を変更している方など、非課税世帯でも通知が届かない場合があります。

 その場合は、「申請書(請求書)」を提出していただくことになりますので、令和4年1月1日時点でお住いの市町村が発行する「住民税非課税証明書」(該当する方全員分)と振込希望口座のわかるもの、本人確認書類をお持ちのうえ、市本庁舎4階社会福祉課(臨時特別給付金受付窓口)にお越しください。

※令和4年度住民税が未申告である者を含む世帯については、「申請書(請求書)」を提出していただくことになります。

※住民税非課税を理由に給付金が支給された後、修正申告により令和3年度及び令和4年度住民税が課税されることになった場合は、給付金を返還していただきます。

※配偶者からの暴力(DV)を理由に避難している方も、所定の手続きをしていただくことで、給付金を受け取ることができます。

 対象となる要件や必要な書類等の詳細につきましては、お手数ですが、市本庁舎4階社会福祉課(臨時特別給付金受付窓口)にご連絡ください。

2.家計急変世帯

受給には、市本庁舎4階社会福祉課(臨時特別給付金受付窓口)での申請が必要です。

 

申請に必要な書類

  • 申請者の本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証など)の写し
  • 振込口座を確認できる書類(預金通帳、キャッシュカード)の写し
  • 令和4年1月以降の「任意の1カ月」の収入状況を確認できる書類(給与明細書、年金振込通知、事業収入等の経費のわかる書類、確定申告書など)の写し

申請場所

横手市役所本庁舎4階 社会福祉課(臨時特別給付金窓口)

電話:0182-23-5881

申請期限

住民税非課税世帯:令和4年9月30日(金曜日)

家計急変世帯:令和4年9月30日(金曜日)

 

【各種申請様式】

※申請書はダウンロードしてご使用ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民福祉部社会福祉課企画調整係
〒 013-8601 秋田県横手市中央町8番2号(本庁舎4階)
電話:0182-35-2132 ファクス:0182-32-9709
お問い合わせフォームは専用フォームをご利用ください。