『あんしん見守りシール』利用してみませんか

ページID1005593  更新日 2021年9月28日

印刷大きな文字で印刷

『あんしん見守りシール』を利用してみませんか

横手市では「あんしん見守りシール」を活用して、認知症などの方々への見守りや声掛けがしやすい環境づくりを目指します。

「あんしん見守りシール」を利用することで、行方不明になった方を早期に発見、保護することが期待できます。認知症により行方不明になる心配がある方など、利用を希望される方は下記までお問合せください。無料で「あんしん見守りシール」をお配りします。

1人分: 50枚セット(耐洗シール40枚・蓄光シール10枚)

『あんしん見守りシール』の利用の仕方

  1. 地域包括支援センターまたは地域局市民サービス課へお問合せください。
  2. シールをお配りする際にメールアドレスなどの登録をしていただきます。
  3. シールを洋服や持ち物などに貼っていただきます。行方不明になった方が発生した際には、その方に声かけされた方がシールについているQRコードをスマートフォンなどで読み取ると登録者のニックネームや対応時の注意点が表示されます。(個人情報は表示されません)
  4. QRコードが読み取られると登録されたご家族などにメールが届きます。
  5. メールのやり取りにより行方不明になった方を保護できます。

あんしん見守りシール

『あんしん見守りシール』の特徴

あんしん見守りシールの特徴

期待される効果

高齢の方々の安心、安全の確保

  • 行方不明になった高齢者を早期に発見・保護できる。
  • 保護者と直接メールを用いてやりとりができるため、早期に保護できる。
  • 高齢者の特徴や既往歴・健康上の注意点などが表示されるため。保護時に気を付けることができる。

市民の皆さまには見守りの協力をお願いします

「大丈夫かな」と思う高齢者の方を見かけたら・・・

  1. ご本人の正面から優しく声をかけてください。
  2. 「あんしん見守りシール」をつけていればスマートフォンなどでQRコードを読み取ってください。
  3. 表示されたご本人情報を確認してください。
  4. 伝言板に現在地などのメッセージを入力し、送信してください。(高齢者の様子が心配な場合はすぐに警察に通報しましょう)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民福祉部地域包括支援センター在宅医療連携推進係
〒013-0525 秋田県横手市大森町菅生田245番地206(大森町高齢者等保健福祉センター)
電話: 0182-35-2135 ファクス:0182-56-4026
お問い合わせフォームは専用フォームをご利用ください。