東北大学公共政策大学院とパートナーシップ連携協定を締結しました

ページID1003180  更新日 2021年9月28日

印刷大きな文字で印刷

2月14日(木曜日)、東北大学公共政策大学院とのパートナーシップ連携協定締結式が行われました。
連携を取ることで横手市にとっては地域の課題解決に向けた提案を活用でき、大学院にとっては教育・研究の場として情報収集が可能になるなど、相互によりよい運営ができることが期待されています。

東北大学公共政策大学院と横手市のつながり

東北大学公共政策大学院は、社会のさまざまな課題について実地調査を行い研究を行う「公共政策ワークショップ」を主なカリキュラムとして実施している大学院です。
横手市とはこれまで、第7期介護保険事業計画策定にあたり、ワークショップの研究テーマとして地域の課題分析や提言をいただいておりました。
今後も介護保険事業計画策定をはじめ、地域福祉の向上を目指すべく専門的な意見を取り入れながらよりよい市政の運営に努めてまいります。

締結式の様子

写真:阿南院長、髙橋市長はじめ、締結式に出席された方々
阿南院長はじめ、多くの方にお越しいただきました

このページに関するお問い合わせ

市民福祉部高齢ふれあい課介護保険係
〒 013-8601 秋田県横手市中央町8番2号(本庁舎4階)
電話:0182-35-2134 ファクス:0182-32-9709
お問い合わせフォームは専用フォームをご利用ください。