新しい国民健康保険被保険者証(保険証)が送付されます

ページID1003150  更新日 2021年10月8日

印刷大きな文字で印刷

横手市国民健康保険では毎年10月に被保険者証(保険証)の年次更新を行います。
10月1日から使用する新しい保険証は9月中旬から下旬に特定記録郵便により郵送します(窓口交付になる方には、別にお知らせします)。
保険医療機関などを受診する際は次のことにご注意ください。

  1. 10月1日以降に医療機関などを受診する際は、新しい保険証を窓口に提示してください。
  2. 70歳以上の方は「国民健康保険高齢受給者証」を、福祉医療(マル福)の対象の方は「福祉医療費受給者証」を保険証と一緒に提示してください。

保険証更新に係るQ&A

Q.有効期限の過ぎた保険証はどうすればよいですか。
A.ハサミで切るなど再利用できないようにして捨ててください。

Q.一人世帯で入院しており、退院まで3か月を要します。更新時に受け取ることができませんが、どうすればよいですか。
A.市役所国保市民課にご相談ください。

Q.10月になっても新しい保険証が届いていません。どうすればよいですか。
A.市役所国保市民課にご相談ください。

Q.子どもが収入の無い大学生で県外に住んでおり、横手市国民健康保険の被保険者です。引き続き保険証を交付してほしいのですが。
A.国民健康保険法第116条該当届(マル学)の届出をすることで、引き続き横手市国民健康保険の被保険者となることができます。(在学証明書(原本)または学生証(写)が必要です。)
なお、申請がない場合は9月30日で資格を喪失することになります。

Q.保険証は個人ごとに届くのですか。
A.保険証は、特定記録郵便により被保険者全員の分を世帯主宛てに郵送します。

このページに関するお問い合わせ

市民福祉部国保市民課国民健康保険係
〒 013-8601 秋田県横手市中央町8番2号(本庁舎1階)
電話:0182-35-2186 ファクス:0182-33-7838
お問い合わせフォームは専用フォームをご利用ください。