サンプルホーム

伝統的建物の公開情報

まちの駅福蔵(旧佐藤與五兵衛家)

まちの駅福蔵(旧佐藤與五兵衛家)

〔特徴・見所〕

まちの駅福蔵(旧佐藤與五兵衛家)は、代々の地主であり、戊辰戦争では御用金を献納した名家で、明治には増田銀行設立時に監査役の一人となりました。大正期に増田勧業社を設立し、セメントやトタンなど建設資材を扱う商いをしていました。
座敷蔵は二階建て切妻造りで、棟札より明治12年の上棟であることが確認されました。正面の妻壁や鳥居枠、土扉は黒漆喰仕上げとなっていますが、角を欠き込んでないところからも建築年代が古いことが窺われます。内部は太い柱が一尺間隔で配置されており、二階の小屋組は重ね梁となっています。欄間は、麻の葉模様の組子で仕上げられ、また一階の木部は総漆塗りとなっています。
棟札より明治18年の上棟であることが確認された⺟屋は、商いを開始するのに合わせ南隣に入母屋造り二階建ての建物を増築し、店舗に改修したのではないかと推測されます。

<< 前のページに戻る