【旧山内中・旧境町小】閉校後の学校敷地等の利活用案を募集します

ページID1003340  更新日 2021年9月28日

印刷大きな文字で印刷

横手市では、平成30年4月に閉校となった旧山内中学校、平成28年4月に閉校となった旧境町小学校について、学校敷地等の有効活用を図るため、サウンディング型市場調査を実施します。

サウンディング型市場調査の結果報告書(令和3年6月28日公表)

提案者の知的財産保護の観点から、事前に提案者と公表内容について確認を行っています。今後の進め方については、現在庁内で検討中です。方針案が決まり次第、お知らせします。

サウンディング型市場調査とは

市の公共施設などの有効な活用方法について、広く意見や提案を求め、直接の対話をとおして、市場性の有無や活用のアイデアを調査するものです。

調査対象

敷地内にある施設の活用を前提としたアイデアに限らず、施設を解体した上で敷地を活用するアイデアも提案可能です。なお、現在、旧山内中学校の校舎等は空き公共施設に、旧境町小学校の校舎は解体済みで、体育館部分を市が書庫として使用しています。よって、旧境町小学校については、体育館部分を除く、校舎跡地およびグラウンド部分の敷地利用のみ提案を受付けます。

旧山内中学校

所在地
横手市山内土渕字鶴ヶ池17番地2
敷地面積
29,487平方メートル
  • 校舎11,888平方メートル
  • グラウンド17,599平方メートル
施設
  • 校舎:
    • RC造3階建(昭和42年)648平方メートル
    • 鉄骨造2階建(平成22年)1,621平方メートル
    • 木造平屋建(平成7年)159平方メートル
  • 体育館:鉄骨造平屋建(平成9年)1,283平方メートル
  • その他:グラウンド
  • プールおよびプール管理棟:サウンディング型市場調査の対象外
  • 倉庫:サウンディング型市場調査の対象外

旧境町小学校

所在地
横手市上境字谷地中11番地3
敷地面積
10,968平方メートル(体育館部分を除く)
施設
  • 校舎:解体済
  • 体育館:サウンディング型市場調査の対象外(市で使用中)
  • その他:校舎跡地、グラウンドの敷地のみ

実施要領、提案書等の様式

スケジュールの概要

実際の公募に向けた準備をする段階(今回のサウンディング型市場調査)

期日

内容

令和3年1月12日(火曜日)~ サウンディング型市場調査開始
  • 参加申し込みの受付
  • 提案内容に関する対話(面談)
  • 希望者には現地見学会を実施(日程は後日調整)
令和3年4月12日(月曜日) 参加申込書の締め切り
令和3年4月30日(金曜日) 質問書の締め切り
令和3年5月31日(月曜日) 事業提案書アイデア提案書の締め切り

実際に公募を行う段階

期日

内容

令和3年度以降(詳細検討中) 実際の利活用に関する事業者等の公募を開始

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

財務部財産経営課財産活用係
〒 013-8601 秋田県横手市条里一丁目1番64号 条里南庁舎
電話:0182-35-2168 ファクス:0182-32-4655
お問い合わせフォームは専用フォームをご利用ください。