応援人口テストイベント(令和3年度)_応募アイデア

ページID1006482  更新日 2022年2月24日

印刷大きな文字で印刷

「みんながもっとラッキーになる」アイデアを募集したところ、13件のご応募がありました。また、それぞれのアイデアに対する”リアクション”(ご意見・ご感想)を募集したところ、95名の方から134件のリアクションをいただきました。
ご応募いただいたアイデアのなかからラッキー賞2件、まちづくり推進部長賞1件、HOGEL(ほげる)賞2件、チャレンジ賞1件を表彰いたします。

たくさんの方にご参加いただき誠にありがとうございました。

ラッキー賞

ナンバー6「スーパーモールラッキーで”地元の食材を使ったご当地パン”や”焼きたてのパン”を食べられるおしゃれなカフェがあったら最高!」

講評
「すぐ計画に取り組めそうなアイデアで、弊社は生産者さんとの結びつきも強く、新たなプロジェクトを進行し共に発展できると思っていたので、タイミングとしても素晴らしく、ぜひ取り入れたいと思います。」(協力店舗スタッフより)

アイデアシート「スーパーモールラッキーで”地元の食材を使ったご当地パン”や”焼きたてのパン”を食べられるおしゃれなカフェがあったら最高!」

主なリアクション(抜粋)
「パン屋さんが好きなので、お買い物のついでに自分へのご褒美ができたら嬉しいです!できたてパンやピザが食べられたら最高です!」
「ラッキーさんだけでなく、地元の食材のファンを増やすことで農家さんを守ることにも繋がる取り組みのひとつとして最高だと思いました。」

ナンバー9「子どもたちが夢中で遊べる『木育ひろば』を作って欲しい!!」

講評
「子どもを育てている従業員から一番反響があったのが、このアイデアでした。「なかなか子どもたちが安心して遊べる場所が少なくなってきたので、ぜひそういう場所を作って欲しい」などの声が上がりました。」(協力店舗スタッフより)

アイデアシート「子どもたちが夢中で遊べる『木育ひろば』を作って欲しい!!」

主なリアクション(抜粋)
「子どもたちをどこで遊ばせようか…週末の悩みの種です。室内で子どもたちがのびのび遊べるスペースが、もっと増えてくれたら嬉しいなと思います。」
「話題のSDGsに着目しながらも、子どもたちが遊べるスペースができるのはとても嬉しいことだと思います!歩いて発電!のアイデアとコラボして取り組めるのではないかと思いました。」

まちづくり推進部長賞

ナンバー13「雪が降れば降るほどラッキーになれる!」

講評
雪が降ってもワクワクした気持ちで買い物にでかけることができ、利用者にとってもお店にとってもプラスになるHOGELアイデアでした。リアクションでも多くの方からの共感や支持を得ていました。

アイデアシート「雪が降れば降るほどラッキーになれる!」

主なリアクション(抜粋)
「逆転の発想が素晴らしいと思いました。雪深い横手でもラッキーと思える素敵なアイデアだと思います。」
「今日は雪よせ大変だったけどポイント上がるしいいか!と気持ちが前向きに、雪を克服するモチベーションにつながるよいアイデアで、雪国横手の生活のPRにもなると思います。」

HOGEL(ほげる)賞

ナンバー3「ドッグランのあるキャンプ場を作って欲しいです!」

講評
現在の横手にはない客観的な視点からのHOGELアイデアでした。「四季折々の美しい自然を感じることができるこの横手で、大切な家族とペットで過ごすことができたら…」というリアクションも多数ありました。

ナンバー3「ドッグランのあるキャンプ場を作って欲しいです!」

主なリアクション(抜粋)
「犬を飼っていて、横手にはドッグランが少ないのであればいいと思います。」
「せっかく美しい雄大な土地があるので、ドッグラン併設の宿泊施設があれば、県内外の観光客なども誘致できるのではないかと考えます。」

ナンバー10「歩いて発電!!」

講評
SDGsへつながるアイデアであり、環境問題を身近に感じられ、歩くことで健康にもよい効果が期待されるアイデアでした。

アイデアシート「歩いて発電!!」

主なリアクション(抜粋)
「エネルギーと未来、子どもたちにとって学びの場ともなるスーパーって画期的だと思いました。」
「脱炭素社会の実現へ。滞在時間を長くする事で、消費行動が増えて、売り上げUPにつながるかも。」

チャレンジ賞

ナンバー8「今日のラッキーさん」

講評
低コストでどんな人や企業でも取り組めるアイデアの汎用性の高さに加えて、ラッキーな人を選ぶ側も選ばれた側もうれしくなれる、幸せになれるHOGELアイデアでした。お店と利用者との間に新たなコミュニケーションが生まれること間違いなし!

アイデアシート「今日のラッキーさん」

主なリアクション(抜粋)
「お店の方もお客さんも幸せになれるいいアイデアだと思いました。」
「コスト極小で幸福度増大間違いなし。縁起のよさそうなコスプレをしていると、話しかけられた人も警戒せずに受け止めてくれそう。」

ご応募いただいたその他のアイデア

ナンバー1「ラッキーファンディングの創設」

アイデアシート「ラッキーファンディングの創設」

主なリアクション(抜粋)
「発想が面白いと思いました。実現できれば若い人の雇用も増えるし、おしゃれ人口も増えて最高ですね。私も出資してみたいです。」
「ただのお客さんとしてだけでなく、主体的に関わることによって、地域や自分にとっていいものを一緒に作り上げていくという感覚が魅力的だと思いました。」

ナンバー2「スーパーモールラッキーで期日前投票ができるようになるともっと便利になりそう」

アイデアシート「スーパーモールラッキーで期日前投票ができるようになるともっと便利になりそう」

主なリアクション(抜粋)
「特に冬は雪の影響で外出もままならないと思いますので、買い物ついでに投票ができるのはとてもいいと思います。」
「期日前投票が普段買い物をしているスーパーでできるのであれば投票しやすい。」

ナンバー4「冬の買い物は寒いから、カートにパネルヒーターがついていたら嬉しいなぁ・・・」

アイデアシート「冬の買い物は寒いから、カートにパネルヒーターがついていたら嬉しいなぁ・・・」

主なリアクション(抜粋)
「冬期間買い物をする際に、いつも寒いと感じていました。カートにパネルヒーターをつけるという発想はなかったので、とても面白いと思いました。」
「冷え性なので特に食品売り場は早足になってしまいがちです。暖かいともっとゆっくり楽しく買い物できそうです。」

ナンバー5「スーパーモールラッキーにアウトドアキッズスペースがあったら楽しそう!」

アイデアシート「スーパーモールラッキーにアウトドアキッズスペースがあったら楽しそう!」

主なリアクション(抜粋)
「子連れにはなんとうれしい提案でしょうか。特に冬は遊び場も少なく、買い物しながら子どもが遊んで待っていてくれるところがあれば最高です!」
「子どもが遊ぶ場所があれば、遊びに行くついでに買い物もできてファミリー世代には良さそうだと思った。また、地域のものを活かすようなものであれば、横手らしさもアピールできると思った。」

ナンバー7「店内にレールを敷いて、その上を自転車等の人力で動かし、移動することのできる乗り物を設置してはどうでしょうか!」

アイデアシート「店内にレールを敷いて、その上を自転車等の人力で動かし、移動することのできる乗り物を設置してはどうでしょうか!」

主なリアクション(抜粋)
「めちゃめちゃ楽しそう!昔、男鹿のジョイフルシティにあったアトラクションを思い出しました!」
「アトラクションみたいで楽しそうです!乗り物系は小さい子に人気になりそうなのでお客さんが増えそうですね。」

ナンバー11「ワインとおいしいグロッサリーのペアリング試食会をやってほしい」

アイデアシート「ワインとおいしいグロッサリーのペアリング試食会をやってほしい」

主なリアクション(抜粋)
「口コミの威力はすごいと思うので、試食してくれた方にSNSなどでつぶやいて横手の美味しいものを発信してもらえたら、遠方の人間にも知ってもらえると思います。」
「ワイン以外にも秋田のお酒を試せる機会や次回販売予定・開発中の総菜が一緒に食べられると、希少性があって集客が見込めるのではないかと思います。」

ナンバー12「テナントや敷地内にジムを入れてほしい」

アイデアシート「テナントや敷地内にジムを入れてほしい」

主なリアクション(抜粋)
「継続してジムに通うのは難しいけれど商業施設の中にあるのなら通いたいです。お買い物もできて健康づくりもできるのは最高です。」
「年をとればとるほど、筋肉は衰えます。みんなで筋トレして、長生きしましょう!」

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

まちづくり推進部地域づくり支援課地域調整係
〒 013-8601 秋田県横手市条里一丁目1番64号(条里南庁舎1階)
電話:0182-35-2266 ファクス:0182-32-4655
お問い合わせフォームは専用フォームをご利用ください。