【募集終了】令和4年度 横手市6次産業化推進支援事業補助金 2次募集開始のお知らせ

ページID1005227  更新日 2022年9月9日

印刷大きな文字で印刷

【募集終了】令和4年度横手市6次産業化推進支援事業補助金(2次募集)

1.事業の目的

横手市産の農作物を活用し、6次産業化に取り組む際の経費の一部を補助します。

この事業における「6次産業化」の定義
「6次産業化」とは、農業者らが自ら生産だけでなく加工・流通販売を一体的に行ったり、農業者らと商工業者が連携して事業を展開すること。

2.補助対象者

市内の農業者、農業法人、農業団体、農業者と連携する事業者など

3.補助対象事業の要件

  1. 横手市産の農産物などを原材料とすること。
  2. 6次産業化の推進を行う事業であること。
  3. 販路拡大や原材料の生産拡大が見込まれること。
  4. 当該事業に対し、他の機関(国・県など)から補助を受けていないもの。
  5. その他、6次産業化推進において審査会が特別に必要と認める場合。

4.補助対象経費

  1. ソフト事業
    • 加工品などのデザイン開発に要する経費
    • 加工品などの生産、流通および販路開拓に関する調査に要する経費
    • 加工品など開発のための研修、その他人材育成に要する経費
    • 加工品などの成分分析に要する経費
  2. ハード事業
    • 農産物などを加工するための施設の新設および改修、設備の購入および機器設備などに要する経費

5.補助率および補助上限

  1. ソフト事業
    30万円を上限とし、対象経費(消費税を除く。)の1/3以内。千円未満切捨て
  2. ハード事業
    50万円を上限とし、対象経費(消費税を除く。)の1/2以内。千円未満切捨て
  • ※ただし一回の申請に対し、補助額は50万円を上限とする。
  • ※交付決定前の事業着手は、補助の対象としない。

6.補助事業の実施期間

 交付決定の日から、令和5年2月末日までに完了するようにしてください。

7.提出書類

次の書類を、横手市役所農林部食農推進課まで、郵送または持参にて提出してください。

  1. 補助金等交付申請書
  2. 事業計画書
  • 上記の他、添付書類として必要と認められる書類。(見積書、会員名簿など)

8.申請期間

令和4年8月1日(月曜日)~9月9日(金曜日)午後5時までに必着

  • 持参の場合は、平日の午前8時30分から午後5時までに申請をお願いします。
  • 事業内容や提出書類などの確認が必要ですので、申請される方は事前にご相談ください。

9.審査

事業の採択は、書類審査およびプレゼンテーション審査を実施し、審査委員会による審査により決定します。
プレゼンテーション審査の日時、場所などについては、応募者に別途通知します。(9月下旬を予定。)
主な審査基準は、農業や関連産業の振興につながるか、事業計画に無理がなく実現性があるか、 継続性や発展性はあるか、販売計画は的確であるかなどとなっております。

10.手続の流れ

  1. 公募、申請
  2. 審査
  3. 交付決定
  4. 事業開始(変更交付申請、交付決定変更通知)
  5. 事業終了(事業支出終了)
  6. 実績報告書の提出
  7. 補助金検査
  8. 補助金の請求
  9. 補助金の支払い
  10. 状況報告(事業終了後3カ年)
  • 補助金は事業終了後の精算払いのため、それまでの間に必要な支払資金を用意する必要がありますのでご留意ください。
  • 事業終了後3年間にわたり事業の実施状況を報告していただきます。

11.その他

横手市園芸振興拠点センター(6次産業化支援施設)を利用し商品開発などを行うことができます。

12.申し込み・問い合わせ先

横手市役所農林部食農推進課
所在地:横手市大雄字狐塚253番地(横手市園芸振興拠点センター内)
電話:0182-35-2267 ファクス:0182-52-2727

申請書類

本事業の補助金公募要領と申請に必要な書類をダウンロードできます。
Word形式版は、直接パソコンによる記入で申請書を作成することができます。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

農林部食農推進課ブランド推進係
〒013-0354 秋田県横手市大雄字狐塚253番地(横手市園芸振興拠点センター)
電話:0182-35-2267 ファクス:0182-52-2727
お問い合わせフォームは専用フォームをご利用ください。