○横手市教育委員会バス運行規程

平成17年10月1日

教育委員会訓令第2号

(目的)

第1条 この訓令は、横手市教育委員会(以下「教育委員会」という。)に所属するスクールバス(以下「バス」という。)の使用及び管理に関し必要な事項を定め、効率的な運用及び学校教育の向上に資することを目的とする。

(管理等)

第2条 バスは、教育長を管理者とし教育委員会において管理する。

2 バスの管理に当たっては、常に運行状況を把握し、効率的な運行を図るとともに、運転者を指揮監督し、事故防止に努めなければならない。

3 運転者は、常にバスの安全運行並びに使用前後の車両の保安及び清潔に努めなければならない。

(使用の要件)

第3条 バスは、次の要件に該当するときに使用できるものとする。

(1) 児童生徒の通学

(2) 横手市又は教育委員会が主催する行事で、児童生徒の輸送が必要なとき。

(3) 学校教育活動の一環として実施する校外行事

(4) 前3号に掲げるもののほか、教育長が必要と認めるとき。

(申請等)

第4条 前条第2号から第4号までに該当して使用する者は、あらかじめ使用許可申請書(様式第1号)を提出し、管理者の許可を受けなければならない。

2 児童生徒の通学のための使用等については、バス運行計画書(様式第2号)により月次の運行計画をあらかじめ定め、原則として使用開始の1週間前までに管理者の承認を受けなければならない。

(日誌)

第5条 運転者は、バスの運行を終了したときは、運行日誌(様式第3号)に必要な事項を記録し、管理者に提出しなければならない。

(遵守事項)

第6条 使用者は、管理者の指示及び注意に従い、車両内における節度を守り、清潔等への配慮をするとともに、運転者の安全運転に支障のある行為を行ってはならない。

(その他)

第7条 この訓令に定めるもののほか、バスの使用及び管理のために必要な事項は、教育長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成17年10月1日から施行する。

様式 略

横手市教育委員会バス運行規程

平成17年10月1日 教育委員会訓令第2号

(平成17年10月1日施行)

体系情報
第11編 育/第2章 学校教育/第1節
沿革情報
平成17年10月1日 教育委員会訓令第2号