新型コロナワクチン_生後6か月~4歳の接種

ページID1008605  更新日 2022年11月22日

印刷大きな文字で印刷

横手市では、生後6か月~4歳のお子さんの接種を、協力医療機関での個別接種で行います。接種するワクチンは、生後6か月~4歳のファイザー社製ワクチンです。12歳以上および5~11歳のお子さんが接種するワクチンとは接種量や希釈量などが全く異なるため、生後6か月~4歳以外の方がこのワクチンを接種することはできません。

最初にご確認ください

お子さんの体の状況をしっかりと把握したうえで接種するため、生後6か月~4歳の接種は原則かかりつけ医での接種となります。協力医療機関のなかにかかりつけ医療機関が無い場合には、いずれかの医療機関を一度受診し、診察券を作成してから予約してください

※新型コロナワクチンは努力義務が適用された任意接種です。ワクチンの接種には、メリット(発症予防など)とデメリット(副反応など)があります。主治医やかかりつけ医、接種医からの説明を確認した上で、接種についてご判断ください。

生後6か月~4歳向けワクチン接種に関する相談を受け付けています

秋田県新型コロナワクチン小児接種専用相談センター

電話 0570-022567

毎日午前8時~午後5時

(接種予約は、協力医療機関へ直接お申し込みください。)

生後6か月~4歳のお子さんへの接種の概要

令和4年10月に、生後6か月~4歳のお子さんへの接種が承認されました。接種日時点で生後6か月~4歳のお子さんは新型コロナワクチンの接種を受けることができます。

予約方法はこのページ下部、または接種券同封のチラシをご確認ください。

接種回数・接種間隔

生後6か月~4歳のお子さんの接種回数は3回となります。標準的な接種間隔として、1回目から3週間後に2回目を、2回目から少なくとも8週間経過した後に3回目を接種することになっておりますので、予約時などご留意ください 。

例:令和4年11月21日(月曜日)に1回目の接種を行った場合
2回目の接種日は、令和4年12月12日(月曜日)
3回目の接種日は、令和5年2月6日(月曜日)以降

コロナワクチンを公費で受けることができる期間は令和5年3月31日までとされています(令和4年10月現在)。
期間内に3回接種を完了するためには、遅くとも令和5年1月15日までに1回目の接種を受ける必要がありますのでご注意ください。

注:1回目と2回目の接種間隔について、原則としては20日の間隔をおいて(=3週間後の同じ曜日に)接種することとなっていますが、法律上は、18日以上の間隔をおけば接種を行うことが認められております。
上記のとおりコロナワクチンを公費で受けることのできる期間が決まっていることから、医療機関によって予約可能な日が決まっているということも考慮すると、期間内に3回接種を希望される方はお早めの予約をご検討ください。

接種券の発行時期

令和4年10月末日時点で生後6か月以上のお子さんへは、11月1日以降順次発送します。

今後生後6か月を迎えるお子さんの接種券は、6か月を迎える月の翌月上旬に順次発送します。

基礎疾患がある子が、主治医のもとで接種できない場合

まずは『基礎疾患がある子の新型コロナワクチン接種チェックシート』をもって主治医を受診し、新型コロナワクチンの接種についてご相談ください。その際、チェックシートは主治医が記入するか、主治医から聞き取りした内容を保護者が記入してください。チェックシートの記入が完了したら、下記協力医療機関へ接種についてご相談ください。

予約方法

令和4年11月1日から、順次接種券の発送を行っています。
お手元に接種券が届きましたら、いずれかの協力医療機関の診察券をご準備の上協力医療機関へ直接お申し込みください。

予約方法

協力医療機関への電話、協力医療機関窓口での申込み
※コールセンターからは予約できません。
※5歳を迎えてから1回目接種を希望する場合は使用するワクチンが異なるほか、接種日によって予約方法が異なります。このページ下部に詳細を記載しておりますのでご確認ください。
※医療機関によっては、ウェブサイトでの予約を実施している場合があります。

協力医療機関(50音順)

協力医療機関

医療機関名

電話番号(0182 局)

石橋小児科医院 32-6800
伊藤小児科・内科医院

伊藤小児科・内科医院ウェブサイトからの申込み

岡田小児科医院 55-2110
雄物川クリニック 22-5511
しおたこどもクリニック 35-5005
市立横手病院 市立横手病院ウェブサイトからの申込み

注:予約できる日程は、医院によって変わります。

伊藤小児科・内科医院ウェブ予約用の二次元コード
伊藤小児科・内科医院ウェブ予約サイトの二次元コードです。
市立横手病院予約用の二次元コード
市立横手病院ウェブ予約サイトの二次元コードです。

接種当日の持ち物

  • 接種券付予診票(予診票は当日会場へ来る前にできるだけご記入ください)
  • 接種済証台紙
  • 母子健康手帳
  • 健康保険証
  • 診察券
  • お薬手帳(お持ちの方)
  • 『基礎疾患がある子の新型コロナワクチン接種チェックシート』(基礎疾患がある子が主治医以外で接種する場合のみ)

注1:接種券付予診票は3枚あります。記入の際は用紙右上の回数の記載にご注意ください。
注2:接種済証台紙は接種後も大切に保管してください。
注3:乳幼児接種を受ける方へお送りする接種券はシールタイプではなく、接種券と予診票が一体となった用紙となっております。
注4:肩を出しやすい服装でお越しください。

5歳になってから1回目接種を希望する場合

5歳を迎えたお子さんは、生後6か月~4歳のお子さんとは異なるワクチンを接種するため、協力医療機関が一部異なるほか、医療機関によっては別日程の接種となる場合がありますのでご注意ください。
詳細は下記のページをご覧ください。

注:1回目を4歳で接種し、2回目接種時に5歳になったお子さんは、生後6か月~4歳の子用のワクチンを接種することになります。接種するワクチンの種類は、1回目接種時の年齢によって確定します。

予約前にご確認ください

5歳を迎えたお子さんは、生後6か月~4歳のお子さんとは接種するワクチンが異なるほか、接種日によって予約方法が異なります。下記をご確認の上、お申込みください。

※5歳を迎えたお子さんは、小児用ワクチンを2回接種することになります。

小児用ワクチンと乳幼児用ワクチンの違い
 

接種回数

接種間隔

小児用ワクチン(5歳~11歳)

2回

1回目から3週間後に2回目を接種

乳幼児用ワクチン(生後6か月~4歳)

3回

1回目から3週間後に2回目を接種、その後少なくとも8週間後に3回目を接種

 

基礎疾患に該当するもの

以下およびそれらに準ずると医師が判断するもの

慢性呼吸器疾患(気管支喘息など)、慢性心疾患、慢性腎疾患、神経・筋疾患(脳性まひ・重症心身障害児・染色体異常症・難治性てんかん)、血液疾患、糖尿病・代謝性疾患、悪性腫瘍(小児がんなど)、関節リウマチ・膠原病、内分泌疾患、消化器疾患・肝疾患、先天性免疫不全症候群など、その他(高度肥満、医療的ケア児、摂食障害《体重減少が著しい場合》など)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民福祉部ワクチン接種対策室
〒013-0044秋田県横手市横山町1番1号
電話:0120-088-970(横手市ワクチン接種コールセンター※かけ間違いにご注意ください) ファクス:なし
お問い合わせフォームは専用フォームをご利用ください。