ページ本文

就学援助制度

平成29年度就学援助についてのお知らせ

 保護者は、子どもに小・中学校の教育を受けさせる義務がありますが、経済的理由によって就学させることができないということにならないように、就学援助という制度があります。
 横手市では、保護者の申請に基づき審査し、認定された方に対し教育にかかる経費の一部を援助します。

対象となる方

(1)生活保護を受けている方。
(2)世帯の収入が少なく、経済的に困っている方。
(3)東日本大震災の影響により被災3県(岩手・福島・宮城県)から避難してきているために生活が苦しい方。

認定になった場合の援助項目


学用品費・通学用品費 校外活動費 体育実技用具費
新入学児童生徒学用品費 修学旅行費 医療費
児童会費・生徒会費 PTA会費 学校給食費

注1) 援助する金額は、それぞれ文部科学省等で定めた額を基本とします。
注2) 生活保護世帯や、横手市立学校以外に在籍する場合等は、援助項目が異なります。
注3) 医療費援助は、対象となる疾病に「医療券」を交付します(直接医療費を支給するものではありません)。医療券の申請には、マイナンバーの提出が必要となります。

申請書提出期限

(1)平成29年4月に小2~中3となる児童生徒がいる家庭
 → 平成29年3月17日(金)まで
(2)平成29年4月に小学校へ入学する児童(新小1)のみの家庭
 → 平成29年4月17日(月)まで
ページ下部「お問い合わせ先」に記載の「学校教育課」宛てに、直接持参か郵送(郵送は期限必着)にて提出ください。

※申請は期限を過ぎた後も随時受け付けますが、期限後の申請の場合は、認定されても支給のない項目(対象外となる項目)があります。
※申請・認定は年度ごとです。平成28年度認定の有無にかかわらず、平成29年度の援助を希望される場合は申請が必要です。

申請に必要な書類

 「申請書」様式に必要事項を記入し、「添付書類」として昨年(平成28年1月~12月)の世帯の収入状況が確認できる書類を添付して提出してください。
 以下の点に留意し、必要書類を確認してください。書類不備の場合、審査ができませんので、申請書は返却とさせていただきます。

【申請書について】
(1)子ども(小中学生)が複数いる場合でも申請書は1枚で結構です。
(2)日中連絡のとれる電話番号を明記してください。
(3)世帯構成員の欄には、同居者(世帯分離を含む)全員を記載してください。

【添付書類について】
(1)同居者全員分(学生・乳幼児を除く)の昨年一年間の収入状況が必要です。
(2)収入状況が確認できる書類とは、以下に示すような書類です。
・申告した方は、「平成28年分所得税確定申告書」や「平成29年度市県民税申告書」の写し
 ※市役所発行の課税証明書(所得証明書)は、6月中旬頃から前年分の発行が可能となるため、上記期限までの申請には利用できません。
・申告不要の方は、平成28年分源泉徴収票(年末調整済のもの)や年金の振込通知等の写し
・無収入の方は、市役所に収入が無かった旨の市県民税申告をして、その申告書の写し

認定の可否通知について

(1)上記期限までに申請いただいた分については、5月下旬に書面で結果(認定または不認定)を通知します。
(2)経済的困窮の審査は、教育委員会が生活保護基準との比較等により行います。
(3)学校給食費の納付書は結果通知の前に全員に届きます。就学援助の申請をした方は、可否の通知が届くまで納付をお待ちください(認定の場合、納付不要となります)。

申請様式、ちらし等

 制度のお知らせ、認定基準目安、申請書様式、申請書の記載例を、以下よりPDFファイルでダウンロードできます。(学校からお子さんを通じて配付しているちらしと同じものです。)

PDFのダウンロードについて

PDFファイルをご覧いただくにはAdobeReader(無償)が必要です。AdobeReaderがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
AdobeReaderダウンロードページ

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

教育指導部学校教育課
所在地:〒013-8601 秋田県横手市条里一丁目1番64号   
電話番号:0182-32-2414 ファックス:0182-32-4034
メールアドレス:gakkokyoiku@city.yokote.lg.jp

代表電話