○横手市農業技術センター設置要綱

平成25年2月18日

告示第18号

(設置)

第1条 横手市及び関係機関が提携し及び協力することにより、横手市の農業の総合的な振興及び持続的な発展を図るため、横手市農業技術センター(以下「技術センター」という。)を設置する。

(構成及び組織)

第2条 技術センターは、次の機関をもって構成する。

(1) 横手市

(2) 秋田県平鹿地域振興局

(3) 横手市農業委員会

(4) 秋田ふるさと農業協同組合

(5) 秋田広域農業共済組合

(6) 横手市内土地改良区

2 技術センターの業務を円滑に行うため、運営委員会、幹事会及び地域農業指導センターを置く。

3 技術センターの所長は、横手市農林部農業政策担当課長をもって充てる。

4 技術センターの事務局を横手市農林部に置き、事務局長は農業振興担当課長をもって充てる。

(事業)

第3条 技術センターは、次の事業を行う。

(1) 農畜産物振興に関する事業

(2) 農業後継者育成に関する事業

(3) 生産者組織育成に関する事業

(4) 営農情報等の発信に関する事業

(5) 流通対策に関する事業

(6) 前各号に掲げるもののほか、必要と認められる事業

(運営委員会)

第4条 運営委員会は、次の者をもって構成する。

(1) 技術センターの所長

(2) 横手市各地域農業指導センター長

(3) 横手市農林部農業担当課の課長

(4) 横手市農林部実験農場長

(5) 秋田県平鹿地域振興局農林部農業担当課の課長

(6) 横手市農業委員会事務局長

(7) 秋田ふるさと農業協同組合営農担当課の課長

(8) 秋田ふるさと農業協同組合米穀畜産担当課の課長

(9) 秋田ふるさと農業協同組合園芸果樹担当課の課長

(10) 秋田広域農業共済組合事業担当課の課長

(11) 横手市内土地改良区のうち、運営委員会の長が指名する土地改良区の事務局長

2 運営委員会は、技術センター事業の推進体制を整備し、運営に当たるものとする。

3 運営委員会に運営委員長を置き、技術センターの所長をもって充てる。

(幹事会)

第5条 幹事会は、次の組織の担当者をもって構成する。

(1) 横手市農林部農業担当課

(2) 横手市農林部実験農場

(3) 横手市各地域農業指導センター

(4) 秋田県平鹿地域振興局農林部農業担当課

(5) 横手市農業委員会事務局

(6) 秋田ふるさと農業協同組合営農経済部

(7) 秋田広域農業共済組合事業担当課

(8) 横手市内土地改良区のうち、運営委員長が指名する土地改良区の事務局

2 幹事会は、技術センターで行う事業の企画立案及び連絡調整し、事業の推進に当たる。

3 幹事会に幹事長を置き、技術センターの事務局長をもって充てる。

(会議)

第6条 運営委員会は、運営委員長が必要に応じて招集し、次の事項について協議する。

(1) この告示の改正又は廃止に関すること。

(2) 農業振興の基本方針に関すること。

(3) 技術センターの運営に関すること。

(4) 技術センターの指導方針及び指導計画の樹立に関すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、必要と認められる事項

2 幹事会は、幹事長が招集し、必要に応じ随時開催するものとし、次の事項について協議し、運営する。

(1) 農業振興の基本方針案の策定に関すること。

(2) 農業振興の指導方針案の策定に関すること。

(3) 技術センター事業計画の推進に関すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、幹事長が必要と認める企画立案又は推進に関すること。

(その他)

第7条 この告示に定めるもののほか必要な事項は、運営委員長が運営委員会に諮り、定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成25年3月1日から施行する。

(横手市農業総合指導センター設置要綱の廃止)

2 横手市農業総合指導センター設置要綱(平成17年横手市告示第86号)は、廃止する。

附 則(平成26年4月1日告示第62号)

この告示は、平成26年4月1日から施行する。

横手市農業技術センター設置要綱

平成25年2月18日 告示第18号

(平成26年4月1日施行)