○横手市立学校使用規則

平成17年10月1日

教育委員会規則第18号

(趣旨)

第1条 横手市立小中学校(以下「学校」という。)の校舎又は校地の使用については、法令その他別に定めがあるもののほか、この規則に定めるところによる。

(使用許可)

第2条 学校の校舎又は校地を使用しようとするものは、申請書を校長に提出しなければならない。

2 校長は、前項の申請書が提出されたときは、第4条に掲げる場合を除き、使用を許可するものとする。この場合において、校長は、条件を付することができる。

3 使用の許可を受けたもの(以下「使用者」という。)は、使用の許可を受けた目的以外に使用し、又はその権利を譲渡し、若しくは転貸することができない。

(使用報告)

第3条 校長は、前条の申請書が提出されたときは、当該申請書の写しにより横手市教育委員会(以下「教育委員会」という。)に報告しなければならない。

(使用の制限)

第4条 次の各号のいずれかに該当する場合は、使用を許可しない。

(1) 建物又はその附属物を損傷し、又は汚損するおそれがある場合

(2) 営利又は営業宣伝を目的とする場合

(3) 公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあると認める場合

(4) 学校教育上支障があると認める場合

(5) 入場料、会員券等により金銭を徴収する興行類似の事業を行う場合

2 前項の規定にかかわらず、使用に疑義がある場合は、校長は、教育委員会と協議するものとする。

(使用等の承認)

第5条 使用者が工作物その他の設備を設置し、使用しようとするときは、あらかじめ教育委員会の承認を受けなければならない。

(使用許可の取消し等)

第6条 次の各号のいずれかに該当する場合は、使用の許可を取り消し、又は使用を停止することがある。ただし、このため使用者に損害を生ずる場合があっても、教育委員会は、その責めに任じない。

(1) 許可を得ないで使用目的を変更した場合

(2) 使用者又はその代理人がこの規則及び教育委員会の指示した事項に違反した場合

(立入禁止)

第7条 使用許可以外の箇所は立ち入ることを禁じるものとし、参集者においてこれを冒す者があるときは、使用者において厳重に取り締まらなければならない。

(使用時間)

第8条 学校使用の時間は、次の区分による。ただし、特別な事由があると学校長が認める場合は、この限りでない。

(1) 5月1日から8月31日まで

午前の部

午前8時から正午まで

午後の部

午後1時から午後5時まで

夜の部

午後6時から午後9時まで

(2) 9月1日から4月30日まで

午前の部

午前8時30分から正午まで

午後の部

午後1時から午後5時まで

夜の部

午後6時から午後9時まで

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の横手市立学校使用規則(昭和27年横手市教育委員会規則第7号)、増田町立小中学校管理規則(昭和32年増田町教育委員会規則第18号)、平鹿町立小・中学校管理規則(昭和32年平鹿町教育委員会規則第7号)、雄物川町立学校使用条例(昭和30年雄物川町条例第13号)、大森町立小中学校使用規則(昭和41年大森町教育委員会規則第10号)、十文字町立学校使用条例(昭和30年十文字町条例第27号)又は山内村立小中学校管理規則(昭和32年山内村教育委員会規則第2号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成23年8月22日教委規則第7号)

(施行期日)

1 この規則は、平成23年8月22日から施行する。

(横手市立学校施設の開放に関する規則の一部改正)

2 横手市立学校施設の開放に関する規則(平成17年横手市教育委員会規則第44号)の一部を次のように改める。

〔次のよう〕略

横手市立学校使用規則

平成17年10月1日 教育委員会規則第18号

(平成23年8月22日施行)