○横手市中小企業融資あっせんに関する条例施行規則

平成17年10月1日

規則第168号

(趣旨)

第1条 この規則は、横手市中小企業融資あっせんに関する条例(平成17年横手市条例第183号)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(申請手続)

第2条 融資あっせんを受けようとする者は、申請書に次に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 法人にあっては定款、貸借対照表、損益計算書、登録簿謄本及び納税証明書、個人事業者にあっては最近1年間の収支計算書、資産負債対照表及び納税証明書

(2) 前号に定めるもののほか、市長が特に必要と認める書類

2 連帯保証人は、法人にあっては必要に応じ定めるものとし、個人事業者にあっては不要とする。ただし、特別な事由がある場合は、秋田県信用保証協会(以下「協会」という。)の定めにより届け出なければならない。

(使途及び融資の条件)

第3条 市長が融資あっせんを行うことができる資金の種類ごとの使途及び融資の条件は、次のとおりとする。

資金の種類

使途

融資の条件

一般事業資金

中小企業者の運転資金及び設備資金

1 貸付限度額 2,000万円

2 貸付期間 10年以内

3 協会の保証の要否 必要

4 据置期間 なし

小口事業資金

小規模企業者の運転資金及び設備資金

1 貸付限度額 1,250万円(他の横手市中小企業融資あっせん資金貸付残高を含む。)

2 貸付期間 10年以内

3 協会の保証の要否 必要

4 据置期間 なし

創業資金

創業者の運転資金及び設備資金

1 貸付限度額 1,000万円(他の横手市中小企業融資あっせん資金貸付残高を含む。)

2 貸付期間 10年以内(据置期間を含む。)

3 協会の保証の要否 必要

4 据置期間 1年以内

2 前項の創業資金の使途には、次に掲げるものは含まない。

(1) 新会社設立のための資本金(株式取得資金)

(2) 次に該当する事業に係る資金

 公序良俗に反するもの又は公序良俗に反する行為のために営業としてサービスを行うもの

 一時的又は投機的なもの

(3) 不動産取得資金

(融資金の償還方法)

第4条 融資金の償還方法は、原則として分割払とする。

(連帯保証人)

第5条 連帯保証人は、社会的に信用があり、融資あっせんに係る債務の全部を弁済し得る資力があると認められる者でなければならない。

2 融資あっせんを受けた者及び連帯保証人が住所又は氏名を変更したときは、その連帯保証人と連署の上10日以内に市長に届け出なければならない。

(指導及び監督)

第6条 市長は、融資あっせんを受けた者に対し必要な指導及び監督を行うことができる。

(その他)

第7条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の横手市中小企業融資斡旋に関する条例施行規則(昭和39年横手市規則第21号)、増田町中小企業融資斡旋に関する条例施行規則(昭和44年増田町規則第6号)、平鹿町中小企業融資斡旋に関する条例施行規則(昭和58年平鹿町規則第3号)、雄物川町中小企業振興融資斡旋に関する条例施行規則(昭和46年雄物川町規則第11号)、大森町中小企業振興融資斡旋に関する条例施行規則(昭和46年大森町規則第7号)、十文字町中小企業振興融資斡旋に関する規則(昭和46年十文字町規則第8号)、山内村中小企業振興融資斡旋に関する条例施行規則(昭和46年山内村規則第3号)又は大雄村中小企業振興融資斡旋に関する条例施行規則(昭和46年大雄村規則第3号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

3 各商工団体が統合するまでの間、増田地域局、平鹿地域局、雄物川地域局、大森地域局、十文字地域局、山内地域局及び大雄地域局の申請手続は、各商工会を経由し、横手地域局の申請手続は、横手商工会議所を経由するものとする。

(一般事業資金の融資あっせんの貸付限度額の特例)

4 平成20年12月22日から平成30年3月31日までの間における一般事業資金の融資あっせんの貸付限度額は、第3条の表一般事業資金の項中「1,500万円」とあるのは、「2,000万円」とする。

附 則(平成18年12月21日規則第61号)

この規則は、公布の日から施行し、改正後の横手市中小企業融資斡旋に関する条例施行規則(以下「改正規則」という。)は、平成18年10月1日から適用する。ただし、改正規則附則第3項の規定は、平成18年4月1日から適用する。

附 則(平成19年9月28日規則第55号)

この規則は、平成19年10月1日から施行する。

附 則(平成20年12月19日規則第37号)

この規則は、平成20年12月22日から施行する。

附 則(平成23年12月14日規則第51号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成27年3月25日規則第14号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成29年12月13日規則第48号)

(施行期日)

1 この規則は、平成30年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正後の横手市中小企業融資あっせんに関する条例施行規則第3条の規定は、この規則の施行の日以後にされる融資あっせんから適用し、同日前にされた融資あっせんについては、なお従前の例による。

附 則(平成30年3月6日規則第2号)

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

横手市中小企業融資あっせんに関する条例施行規則

平成17年10月1日 規則第168号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第8編 業/第1章 商工・観光
沿革情報
平成17年10月1日 規則第168号
平成18年12月21日 規則第61号
平成19年9月28日 規則第55号
平成20年12月19日 規則第37号
平成23年12月14日 規則第51号
平成27年3月25日 規則第14号
平成29年12月13日 規則第48号
平成30年3月6日 規則第2号