ページ本文

地区計画などが定められている地区

羽黒町・上内町地区(横手地域)

 地区計画が定められているほか、横手市景観計画において景観重点地区に指定されています。

羽黒町・上内町地区計画

名称 羽黒町・上内町地区計画
位置 横手市羽黒町の一部および上内町の一部
面積 約13.6ha 
計画決定年月日 昭和62年4月6日
(横手市告示第7号)
地区計画のねらい 自然環境にめぐまれ、伝統的なたたずまいを有する住宅地を、将来にわたって保全する。
地区整備計画 未策定
決定の概要 地区施設
建築物に関する事項 未定

※地区計画の詳細(地区整備計画)については未策定のため、地区計画に関する届出(都市計画法第58条の21項の規定に基づく地区計画の区域内における行為の届出)は不要です。

景観重点地区(羽黒町・上内町地区)

 横手市景観計画(平成25年4月1日施行)において、羽黒町・上内町地区は景観重点地区に指定されています。
 羽黒町・上内町地区で、次の行為を行う場合は、事前に景観法に基づく届出をして、横手市景観計画に定められた景観重点地区(羽黒町・上内町地区)の景観づくりの基準に適合させる必要があります。

 届出対象行為 

 ・建築物の建築等
 ・工作物の建設等
 ・開発行為(面積が1,000平方メートル以上か、高さが3m超の法面若しくは擁壁を生ずるもの)
 ・高さが10mを超える樹木の伐採
 ・物件の堆積(一定規模を超えるもの)
 ・土石等の採取・鉱物の掘採(面積が3,000平方メートルか、法面や擁壁の高さが3mを超えるもの)
 ・土地の区画形質の変更((面積が3,000平方メートルか、法面や擁壁の高さが3mを超えるもの)

  ※届出対象の詳細や景観づくりの基準は、景観法に基づく届出制度のページをご確認ください。

届出窓口

 横手市建設部都市計画課
   郵便番号013-0033 秋田県横手市旭川一丁目3-41(県平鹿地域振興局庁舎2階)
   電話:0182-32-2408

  ★平成25年11月5日より、県平鹿地域振興局2階に移転しています。

羽黒町・上内町地区景観形成事業補助金

羽黒町・上内町地区景観重点地区で、横手市景観計画の基準に適合する板塀や生垣の設置、補修、修景等を行う場合、経費の一部を補助する制度があります。
詳細は、羽黒町・上内町地区景観形成事業補助金のページをご確認ください。

「羽黒町・上内町地区まちづくり申し合わせ事項」の廃止

 平成25年4月1日付で「横手市景観計画」「横手市景観条例」「横手市景観条例施行規則」が施行され、これまでの「横手市山と川のある景観のまちづくり条例」及び同条例に基づく「羽黒町・上内町地区まちづくり申し合わせ事項」に係る届出制度は廃止となりました。

朝日が丘地区(横手地域)

 地区計画が定められています。

朝日が丘地区計画

名称 朝日が丘地区計画
位置 横手市朝日が丘二丁目の一部
面積 約1.0ha 
計画決定年月日 昭和63年7月23日
(横手市告示第10号)
地区計画のねらい 閑静な低層住宅地として良好な街並み形成を図る。
地区整備計画 策定(1.0ha)
決定の概要 地区施設
建築物に関する事項 ・建築用途制限
・最低敷地面積
・壁面位置制限
・外観色彩制限

※対象区域で次の行為を行う場合は、行為に着手する30日前までに届出(都市計画法
58条の21項の規定に基づく地区計画の区域内における行為の届出)が必要となります。

届出が必要な行為

 ・土地の区画形質の変更
・建築物の建築又は工作物の建設
・建築物等の用途の変更
・建築物等の形態又は意匠の変更
・木竹の伐採

届出窓口

 横手市建設部都市計画課
   郵便番号013-0033 秋田県横手市旭川一丁目3-41(県平鹿地域振興局庁舎2階)
   電話:0182-32-2408

  ★平成25年11月5日より、県平鹿地域振興局2階に移転しています。

増田地区(増田地域)

 横手市景観計画において景観重点地区に指定されています。
   また、伝統的建造物群保存地区が定められています。

景観重点地区(増田地区)

 平成27年4月1日付で、横手市景観計画に増田地区景観重点地区が指定されました。
 増田地区景観重点地区の区域内で、次の行為を行う場合は、事前に景観法に基づく届出をして、横手市景観計画に定められた景観重点地区(増田地区)の景観づくりの基準に適合させる必要があります。

届出対象行為

 ・建築物の建築等
 ・工作物の建設等
 ・開発行為(面積が1,000平方メートル以上か、高さが3m超の法面若しくは擁壁を生ずるもの)
 ・高さが10mを超える樹木の伐採
 ・物件の堆積(一定規模を超えるもの)
 ・土石等の採取・鉱物の掘採(面積が3,000平方メートルか、法面や擁壁の高さが3mを超えるもの)
 ・土地の区画形質の変更((面積が3,000平方メートルか、法面や擁壁の高さが3mを超えるもの)

  ※対象区域、届出対象、景観づくりの基準の詳細は、景観法に基づく届出制度のページをご確認ください。

伝統的建造物群保存地区

 地区内において、現況を変える又は景観に影響を与える行為を行う場合は、あらかじめ市と教育委員会に申請の上、許可を受ける必要があります。
 対象区域等の詳細は、「伝統的建造物群保存地区内の現状変更行為許可申請手続き」(横手市まちづくり推進部歴史まちづくり課のページ)をご確認ください。

関連情報

建築協定について

 「建築協定」のページをご確認ください。
 

「駅南地区まちづくり申し合わせ事項」の廃止について

 平成25年4月1日付で「横手市山と川のある景観のまちづくり条例」及び同条例に基づく「駅南地区まちづくり申し合わせ事項」に係る届出制度を廃止しました。
 

PDFのダウンロードについて

PDFファイルをご覧いただくにはAdobeReader(無償)が必要です。AdobeReaderがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
AdobeReaderダウンロードページ

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

建設部都市計画課
所在地:〒013-8502 秋田県横手市旭川一丁目3番41号   
電話番号:0182-32-2408 ファックス:0182-32-4024
メールアドレス:toshikeikaku@city.yokote.lg.jp

代表電話