ページ本文

【お知らせ】横手・大雄地域の皆様へ

水道水のカビ臭について

 平成30年10月24日(水)以降、水道課に『水道水からカビ臭がする』との問い合わせが数件寄せられております。
  水道課では連絡を受けた日より浄水場の点検調査、および水源の緊急調査を行っておりました。
 その結果、横手川で藻類(そうるい)が多く発生していることが確認され、これが原因でカビ臭が発生しているものと考えております。
 現在、カビ臭除去の作業を全力で行っておりますのでご理解をお願いします。なお、水質には問題が無く、飲んでも健康には一切問題がありませんのでご安心ください。


※一般的にカビ臭の原因は河川や湖沼に生息する藻類が大量発生し、それらが分解した際に溶け出した物質とされています。カビ臭で代表的な物質は「2-MIB」や「ジオスミン」などですが、人が臭いを感じる限界は「2-MIB」や「ジオスミン」で5ng(注)/ℓと非常に小さく、これらの物質が水道水中にごく微量に含まれているだけでカビ臭を感じやすくなります。

注)ng:「ナノグラム」と読み、10億分の1グラムを表します。
    1ng/ℓは25mプール(長さ25m×幅12m×深さ1m)に食卓塩の塩粒3個程度を溶かした程度です。

 

このページに関するアンケート

このページの掲載情報は役に立ちましたか?

   

このページに関するお問い合わせ先

上下水道部水道課
所在地:〒013-0022 秋田県横手市四日町3番23号   
電話番号:0182-35-2252 ファックス:0182-32-4033
メールアドレス:suido@city.yokote.lg.jp

代表電話